夏に、沖縄でらー油を買ってきたんですが、これがこのほか美味しくて。
普通の、ラーメン屋なんかにあるらー油とは違って、何でしょうかね。
ただ辛いだけじゃなく、甘みのような旨味があるんですね。

特に、“四川省風死に辛そば”で大活躍。
(“四川風”、じゃないのか…?)

辛い物好きな僕はそんならー油ライフを満喫していたわけですが、
何事にも終わりは来ます。
ていうか、らー油なんてそんなにたくさん入ってるもんじゃないし(80ml)、
終わりはあっさり来ました。
ま、無くなったんですけども。


それが、1ヶ月前くらい。

で、そろそろ新しいらー油欲しいなーと思って、
有名な“石垣島ラー油”の販売店が京都にもないか、
無いなら無いで通販で買えないかを調べたら、

石垣島ラー油HP

おー、京都にも3店舗ある。
その3店舗は以下。

沖縄の名産て、店によって値段が全然違うことが多いけど、
(多分地理のせいだと思う)
きちんと仕入れておろしてるってことだろうから、
値段もそんなにぼったくりじゃないはず。


このうち、3店舗目の京ちゅららは、
結構前からZEST(京都市役所前御池通り地下)に小さな店を構えていた店。
坪数は2坪ないくらい、おばちゃんとお姉ちゃんが日替わりで一人で仕切ってる店で、
ハッキリ言って、フリーマーケットみたいな感じ。
それが、こんな可愛い店名が付いてるとは知らなかった。
それも、石垣島ラー油のサイトに名前が載るくらいちゃんとした店だったとは…

最近、以前有機野菜なんかを売ってた場所が空いて、
店を拡大してそこに移ったので、
それできちんと名前を付けた…ってことはないか。。


まぁ、どうでもいいけど。

この間、店で見たときは、ラー油735円で、ちょっと高いなーとか思って引いてたけど、
不思議なもんでさー、沖縄ではその値段で買ってたんだよね。忘れてたけど。

…恐るべし、リゾート・フィーリング。

旅行土産だしさ、とか思って、
多少高くても買っちゃうんだよなー
家に帰ってきてからだと、今度は実用目線で見ちゃうから、
高いな、とか思っちゃうんだけど。


ネットで調べてみても、多少はばらつきがあるにせよ、
大体そんな感じ。
送料考えたら、そりゃ、店頭で買う方が安くなるわけだし、
店拡大して、多分家賃も上がってるだろうから、
潰れて無くなってもらっても困るし。


と言うわけで、近々また買いに行くことに決定。


それで、死に辛そばと、餃子するぞー。
イエー。