アニメについては、ネットで流行ってるから、という理由で見てみることがあったとしても、
能動的に本を買うのは、自分的には越えてはいけないラインだなーと思ってたのだけど、
しかし、Amazonで簡単に買えちゃうしなー…とか思って、
まあいいや、と、『らき☆すた』単行本を買ってしまったのが、2ヶ月前くらい。

や、面白かったっす。


んで、これはコミック以上に無理だよな、と思ってたのが、
“ライトノベル”、だったわけですが。

好奇心に負けて、遂に購入。
うーむ。

涼宮ハルヒの続編が放映されるらしいし、
そのベースは、ライトノベルだと4巻にあたる『消失』らしい、ってことで、
3巻までは読んでおこうかなぁ、と思って。
(アニメでは既になぞられてるけどね)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
谷川 流 いとう のいぢ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読んだ率直な感想は。

面白いじゃん、これ。

設定がご都合主義過ぎるとか、そういうのはね、
えーもうアニメを見た時点で出てると思うので、
『涼宮ハルヒシリーズ』に対する感想ではなくて、
オリジナルである、ライトノベルに対する感想と言うことで言えば、

えー、ライトノベルってのは、何がライトなんだろう、とか。


描写が甘いとか、設定が中二病っぽいとか、
そういうのは別に普通の小説でも余裕であり得る駄作なわけで、
高い前評判と、高い値段で買ったハードカバーが、
下らない極致だったときのショックと言ったら…

ライトだからどうこうとかじゃなくて、普通に楽しめた。
もちろん、アニメを最初に見てたから、設定の突飛さとかスルーしてるってのもあるけど、
アニメの中で省略されてたセリフや、場面なんかが興味深くて。


ライトノベルって言うジャンル名は、あんまり、
作家や作品のためにはなっていない気がするなぁ。
そのジャンル名が無ければ、もうちょっと広い範囲を対象に出来る気がするし。


とりあえず、第2巻、『溜息』も読んでみることに。

こっちは、Amazonの感想欄が結構、厳しいことになってるけどなー
さてはて。