Realストリーミングを、RealPlayerで聴いているんですが、
ボリュームが、勝手に小さくなってたり、大きくなってたりすることがあります。
どうやら、Realのボリュームが、WindowsのWaveのボリュームと連動しているらしくて、
勝手に大きくなったり、小さくなったりしちゃうらしいです。

ま、RealPlayerのすることだからな…
と思って諦めてたんですが、
これを回避する方法があったので、とりあえずメモ。

情報は、Media Player ClassicのまとめWikiにて。

簡単に言うと、

テキストエディタを開いて、以下のテキストを貼り付け、

REGEDIT4

[HKEY_CURRENT_USER\Software\RealNetworks\RealMediaSDK\6.0\Preferences\Volume]
@="-1"

[HKEY_CURRENT_USER\Software\RealNetworks\RealMediaSDK\10.0\Preferences\Volume]
@="-1"


適当な名前(例えばreal_patch.reg)を付けて保存、実行。
それでそれぞれのレジストリの値が更新される。

参考:レジストリ修正用パッチの作成方法 (回答者向け)

これでOK…のハズなんだけど、どうも上手く行かないので、
(MediaPlayerClassicで再生しても連動しない、ってことなのか?)
結局は、RealPlayerをアンインストールし(関連付けが解除できなかったので)、
Real用コーデック他詰め合わせである、Real Alternativeをインストールすることにする。

ダウンロード | Real Alternative 1.60 - Real メディアの再生に必要なコーデック/プラグインパック

やり方は簡単で、
ダウンロードしてきてダブルクリックするだけ。
これで関連付けてやれば、普通に再生可能です。


ん。

めでたし、めでたし。