Hi-Standardの名曲、『My First Kiss』。

凄く好きな曲なのだけど、
同時に、『キテレツ大百科』のエンディング曲、『はじめてのチュウ』っていう曲もある。

一体どっちがオリジナルなんだろう?
ま、別にどっちでもいいか、なんて思って長いこと放置してたのだけど、
ふと思い出して調べてみた。

『はじめてのチュウ』は、アニメ「キテレツ大百科」のテーマ曲として1990年に発表された楽曲である。 作詞・作曲は実川俊晴、歌手はあんしんパパ。

(中略)

「あんしんパパ」は実際には存在しない架空の歌手であり、実際に歌っているのは作詞・作曲者の実川俊晴である。録音時にテープを半分のスピードで回しながらゆっくり歌い、再生時には通常のスピードで再生するという手法によって、エフェクト処理を施したような可愛らしい歌声を作り出した。

 

ぬ。

まさか、この1曲だけで、Wikipediaに1項目あるとは。

『調べてみた』って書いてから、書き始めたのに、
調べるも何も、もうそれだけでオッケーぽいじゃん…(まぁいいか)


その中の、『My First Kiss』の項目には、

My First Kiss

Hi-STANDARDが「はじめてのチュウ」の歌詞を英訳したものを「My First Kiss」として「Love Is a Battlefield」中に収録している。この英訳版は隠れたHi-STANDARDの名曲として、Hi-STANDARDファンのみならず、ロックに興味がない人にも非常に人気がある。

とあり、ああ、そうかーハイスタのがカバーか。
オリジナルが、キテレツの方だったのか、と思った次第。


まぁでも、どっちのアレンジも僕は好きだし、
名曲だよなぁ。。

ところで、これ、何でカバーしようと思ったんだろうね?


Love Is a Battlefield
Hi-STANDARD 実川俊晴 ペレティ・ヒューゴ・E
B00004TAJL