そういうわけでかなり遅れましたが、恒例の、FridayFive
今回は、子供の頃思っていた今の自分、かな。
例によって意訳です。

1. What did you want to be when you grew up? 『将来なりたいもの』は何でしたか?
なんだったかなぁ。 プロ野球選手とか、サッカー選手とかだったろうけど、 何かしてたわけでもないし、リアリティは薄かったなぁ。


2. Did you follow through? If not, what happened?
それは実現しましたか?もししなかったのなら、何が起きたのですか?

そういうわけで実現してないな。
努力や、環境や、縁や、運や、いろんなこと含めて、
『才能がなかった』ということなんだろうね。
それに、他のことに興味を持つようになって、
サッカーや野球との接し方も変わったしね。


3. Is your life turning out the way you thought it would when you were a kid?If not, is it better or worse?
あなたの人生は子供の頃考えていたとおりになりましたか?もし違うなら、それは良かった?または悪かった…?

考えてたのとは全く違うね。
親を見て育ってるわけだから…どうしても、二極、
親のようになるか、それとはまったく真逆の方向になるか、どちらかしか想像できなかったよ。
むしろ、今の年には結婚していて、働いていて、子供くらいいて、
なんて思っていたかもしれないね。
まぁ、もちろん、だからといって、今が悪いとは思ってないな。
結構、良い人生遅れてると思うよ。


4. Paradoxes aside, if you could time-travel back to when you were 10 years old, what would you tell your 10-year-old self?
もし自分が10歳の頃に戻れるとしたら、10歳の自分になんて言ってあげたいですか?(パラドックスは考えないものとして)

タイムパラドックス(自分に遭遇することでそこに矛盾が生じるということ)を
考えなくても良いよ、というところに細かい配慮を感じるけれども。
そうだなぁ、10歳か、10歳って言うと、小学校4年生または5年生?
ちょうど初恋の時期だなぁ(笑)
世の中にはもっといろんな世界があるんだぜ、と言ってやりたいよ。
なんかひどく、狭い視界の中でもがいてたような気がするから。


5. Do you think the child you were, would like the adult you've become?
もしあなたが子供だとしたら、どんな大人になりたいですか?

どんな大人か…難しいね。

結局、子供の頃自分が見ていやだった大人、その逆と言うことになるんだろうけど…
通ってた学校の先生は、特に小中学校は、良い先生が多かったんだよね。
今思えば、教師のモチベーションも高かったし、
授業に対する子供のモチベーションも高かった、
もちろんそれ以外に対する遊び心や、柔軟さや、真剣さが、
子供心にも、凄く嬉しかったと思う。

殆ど『公認の喧嘩状態』になる、中学校時代の、騎馬戦、
そこへ体を張って割り込んでくる教師(普通に社会や数学の)とか、敬服に値するよ。
うちの学校の騎馬戦は、鉢巻きを取るなんていうあまったれたもんじゃなくて、
相手の騎馬をぶっつぶして、上のヤツを地面に叩きつけたら勝ち、
っていうルールだったからね。

僕は、そういう大人、
真剣に物事を考えていて、なおかつ遊び心もあるような、
ウィットに富んだ返事も出来るような、
そんな大人になりたいと思うよ。


今回はそんな感じで。
また、次回。