Opera、無料版の広告掲載を取りやめ--ライブドアはパッケージを回収 - CNET Japan
ブラウザソフトのOperaを開発、提供しているOpera Software(本社:ノルウェー)は9月20日(現地時間)、Operaの無料版に掲載されていたバナー広告の表示を取りやめると発表した。

 これまでOperaは無料版の場合はバナー広告が自動的に表示され、広告を非表示にするためには39ドルのライセンス料を支払う必要があった。今回、無料版でも広告を非表示にする狙いについて、Opera Software CEO、ヨン・フォン・テツナー氏は「全てのインターネットユーザーにOperaを使ってもらい、ウェブブラウジングの本来あるべき形を体験して頂きたいと考えている」と話す。


Cnetに載っていた記事によると、
Operaが無料版ブラウザでも広告を表示しないようにすることにしたらしい。

Operaのライセンスは簡単に言えば、
広告を表示させる無料版と、金を払って広告無しで使える有料版と、2種類ある。
これが、無料版でも広告が表示されないってことは、
要は、Operaは実質的に無料でリリースされるってこと?

記事内を読んでみても、そう明文化していないので、
(というかむしろ、ライブドアの商品回収に話が移ってしまってたので)
よく分からないけれども、
もしそうだとすると、んー、ますますOperaが増えるかもなぁ。

実際、広告がないからどうだってんだっていう気もするけれども、
(ブラウザ側になくたって、今のWEBはとにかく広告だらけなんである)
それでも使う側のお得感はあるし、
IEより進歩的で、FireFoxより安心できる(*1)という感じも損なわない。


まぁ、ユーザとしてはどうでもいいんだけどね。
一応、対応しないといけないから。

注釈
1) IEより進歩的で、FireFoxより安心できる
決して、FireFoxが安心できないと言っているのではなく、エンジンと、 リリースからの経過時間という意味での、印象としての安心感。 ブランドと言い換えても良いかもしれないけど。