野球、ソフトボールを除外 12年ロンドン五輪
【シンガポール8日共同】国際オリンピック委員会(IOC)は8日、シンガポールでの第117回総会で、2012年ロンドン五輪の実施競技から野球、ソフトボールを除外することを決めた。1992年バルセロナ五輪で正式採用された野球は、世界的な普及度の低さなどから支持を得られず、5大会で五輪から姿を消すことになった。ソフトボールと合わせた日本のメダル有望種目である両競技の五輪除外は、日本スポーツ界に大きな衝撃となった。 総会はこの日、現行の28競技が存続にふさわしいかを1競技ずつ投票にかけた。野球とソフトボールを含めた現行競技は、存続陳情などが功を奏し、直前の見通しでは全競技が存続するとみられていた。しかしIOC委員の投票では、野球とソフトボールだけが、存続に必要な過半数の賛成を得られなかった。(共同通信)


…2,3日前のニュースでは、すべての競技がほぼ大丈夫で、
ソフトはもちろん野球は残るだろうという話だったのに…。
世界中の人が参加するイベントでの競技だから、普及率の低さは致命的だろうけど…
少なくとも、先進国内での認知度が無いと厳しいか。
確かに、オージーボールとか、クリケットとか、
オリンピックにはないもんなぁ…


ソフトボールを、本気でやってる知り合いもいるし…
野球もソフトボールも、もっと普及活動をしていかないとダメだねぇ。
ヨーロッパだとイタリアぐらいしか俺、知らないし。
柔道みたいになれば、きっと復活できると思うんだけど。


…残念だ。