いやね、ちょっとね、ハッピーでしたよ。
残念ながら次の日仕事なんで、既に(現在時刻、02:00)帰宅してるんですけど、
でも、楽しかった。

そもそも、DJ前に緊張してるシノミヤも面白かったし(失礼)
プレイも何というのかな、
80'Sをなぞりつつ、HOUSEも見せる、みたいな、
こう…エッジを上手く歩くような、絶妙のDJでね。
味があった。
お客さんも、盛り上がってたしね。

ああいう、DJを聴くと、やっぱり元気が出る。
思想が(多分)相容れない、イベントとDJ、
その中で、どんな空気が出来ていくのか?
そんなことを楽しみに、不安に思ってたんだけど、杞憂だった。
やっぱ、すごいわ。
よく、東京や大阪には、凄いDJなんていくらでもいる、
なんて言い方をする人もいるけどね。

それはそーかもしれないけど、
桜木花道よろしく、
僕らにとって、一番大事なのは、今、なんだよね。
遠くにいる(かもしれない)凄いDJは、盛り上げてくれるかもしれないけど、
じゃあ、それがハッピーか?と言うと、それは違う。

文化、っていうのはそういうもんでしょう。
ローカルって蔑まれるかもしれないけど、
その殆どは、東京へのコンプレックスだったり、
理由のない、何かを絶対視するような無意味なこだわり。
それを理解できない人は、その流れに乗っていきがってればいいけど、
幸せを感じる部分てのは、違うよね、
もっと、身近にあるよ。


ああ、話がずれちまった。
ちょっと酔ってるしな(苦笑)

まぁ、言いたいことは…
少し、ワケもなく、元気が無くてさ。
健康なのに飲まない69tracksとかあり得ない状況でさ、
(あのイベントでは、一人でいることは許されないのよね、俺)
人間関係も少し色々あってさ(まぁ、これは考えすぎ…仕事の話ね)、
なんだかなーと思ってたんだけど、

ま、いっかなって。
どんなに最悪な状況でも、自分には、自分だけはいるしさ。
友達もいるしさ。

少し、また、頑張れるかな、と。


さ、寝よかな。