Windows/MacOS のアイコンを探していて、このページにたどり着いた。

GUIdebook > Icons > Components

Hiroさんの、アメリカでがんばりましょう: アイコンの歴史にて
紹介されていたページ。
見てもらえればわかるとおり、色んなOSの、様々なコンポーネント(テキストエディタ、デスクトップなど)の
アイコンが修められていて、まさに、アイコンの歴史、そのものだ。


こういう見せ方は大好きなので、一片に気に入ってしまって、
他のページにあるスクリーンショットなんかを眺めて、
自分の知ってるOSは、殆どWindows、それも、95/98/Me/2000ということで
案外狭いなーと実感したり。
ていうか、MS-DOSにはアイコンなんか在りようもなかったし、
アイコンの歴史って案外、新しいのかもしれないな。
MacがGUIを世間に広めて以来、なのかな?

うーん、ちょっと感慨深い。