やってはいけないよ、

と、


自分で自分を諭しながらも、なかなか眠る気になれない
午前3時。

紐解く、自分の残してきた言葉。
僕は、自分の文章が大好きだ。
きっとね、行間を埋めるモノが僕にはあるから。
みんなにはね、行間なんて、『真っ白け』があるだけなんだけどね。


『君の声を探しに…  』


想うことは数限りなくあるのだけど
文字や、言葉に出来ることは、ほんとうに、ほんとうに、少ししかない。

示唆だけ残して、打ちきられた言葉が、
今僕に語るモノは何もない、

僕は、その頃の僕じゃないんだよ。

僕は、今ここに生きている僕以外の僕じゃ、もうないんだ。


今の僕の想いが、なにを示唆してるかはよくわからない。
むかし良く聴いて、涙していた歌が今流れているけど、
いまは、波のむこうになにがあるのか、よく見えない。


友達からの、イベントのお知らせ。
ほんの少し、元気に。
僕はいつも行きたい、と思いながら、毎回、巡り合わせが悪くて行けたためしがない。
だから、いつも僕の返信は、
月に一度の近況報告。

そっか、頑張ってるんだね、俺も頑張ってるよ、


すこし、酔いたくなってきた。

わかってるさ、休みなのは明後日で、明日じゃないことくらい。
明後日が休みだから、明日はどうしてもやり遂げなきゃ帰れない仕事があることも
そのためには、朝イチからクリアじゃなけりゃいけないことも
なにも、起きないことも


心におきたさざ波を、
つまみ上げることなく、おさまるまで眺めていたい、

そんな夜もあるのさ


また明日になれば、いつも通り
笑ってすごせるようになるのさ


だから、きょうは少し
油断していてもいいかい?