あくまで仮説なのだが、
どうやら、半年に一度、多くの『事態』が一気に押し寄せるようなバイオリズムになっているらしい。
当然、それが続けば、僕の処理能力を超えることになり、
日常生活において、何らかの支障を来す。
昨年も、2月と8月は大変な月だった。


もちろん、季節柄、というのもあるだろう、
2月下旬?3月と言えば別れや、再スタートの季節であるし、
8月の下旬と言えば、夏の終わりで、何となく寂しさを感じる季節である、
それはきっと、この国の気候や習慣に触れている人なら誰でも同じなのかもしれない。

いずれにせよ、今年の2月?3月も、お待たせしました、とばかりに、
様々なことがまとめてどどっと押し寄せて、僕は多少混乱している。
捌ききれない。
むしろ、捌かなければいけない、ことが問題、なのだ。
それぞれ1つ1つが、広い空間にそれ1つだけ有るので有れば、
僕はもっとそれを尊重すると思う。
でも、まとめてどどっと来られるとね…
それらが全て互いにリンクしておらず、あくまでそれぞれが互いに独立している状況であっても、
それぞれを比べて良い物を選ぶ…というようなこともしなくなる。
むしろ、回線をカットし、嵐が過ぎ去るのを待つような、
そんな状況になる。

そんなわけで、この期間中に、僕に好意を示しても、多くの場合、無視されることになる。
いや、そう見えるだけで実際は無視はしてはいないんだが、
心にはきちんと残っている、
だが、それについて詳しく考えることをせず、ほぐすこともせず、
手つかずのまま、放り出されている。
逆に言えば、ものごとの相談をするには最適の状況かもしれない。
よほどのことがない限り、僕は勘違いしたりしないし、
恋愛感情その他全く抜きにして、努めて冷静に返事を返すだろう。


いずれにせよ…
もうね、モテるとか、モテないとか、そんなことはどうでもいいわけですよ。
そんなこと気にするような年齢でもなくなってきたしね。
ただ、なぜ、今なんだ?ということを、思うわけです。
不思議なことだが、最初は小さなことが動いていただけなのに、
次第にその振動が周りに波及していき、
これまで動かなかった、動こうとしなかった物までもが、動き始める…
そんな連鎖反応が起こるらしい。

いろんな人にかまってもらえるのは、それはそれで嬉しいんだが…
僕には、心も体も1つずつしかないわけで、
対応できる状況も一度に1つずつなわけで、
状況に包囲殲滅されても困るわけで…
しばし、シェルター【防空壕】に籠もって、この『事態』をやり過ごそうと思う。


あぁ、別に引き籠もったり、他人との接触を断ったり、ということではないよ。
苦笑いはしてるけど、ブルーなわけではない。
『そういう感情』を全て押さえ込んで、全て聞かないようにして、
ただ、過ぎ去るのを待つ。
何もない、空白の時間にも残っているもの、こそが本物、だと思うことにする。
何の証拠もないけどね。

好かれる、っていったいなんなのさ?
僕にはイマイチ状況がつかめない。

  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories