news

大学に入学してからこの6年間、
1ヶ月間を除いてずっと朝日新聞を取ってます。
まぁ別に何を考えてるわけでもなく、
特に意味はないけどまぁ取り敢えず、で朝日新聞なんです。

昔は忙しくて疲れてて、新聞なんて読む気しなかったんだけど、
ここ2年くらいはきちんと読んでます。

一面読んで、マンガ見て、社会面読んで、スポーツ行って、
余裕があれば総合に行って、国際、経済。
大体こんな感じ。
あ、当然ですが、政治なんて読みません。
今の日本の政治には憤ることすら落ちてませんので、
読むだけ疲れます。読んでようが読んでなかろうが、
困りませんし、
政治が関連することで大事なことは、国際面か、経済面か、
はたまた社会面で詳しくやってくれるので、
頼りない首相の動静やら、
今さらいじらんでもほっといてもなくなるに決まってる
社会党の惨めさやら、
そんなのは、どうでもいいんです。

で、最近、そういうネタで文章を書かないんですけども、
それは要するに、アメリカ同時多発テロ(←アメリカ的視点で)以来
アメリカの行動にいちいち頭に来ていた結果、
もう、頭に来るのも面倒になったわけです。
僕の文句は届かないですし。

こんな事言って行動の1つも起こそうとしない、
そんなダメダメ地球人の僕が言うのもなんですが、
ヨーロッパはやっぱすごいですね。
まぁ、身近ってこともあるんでしょうけど、
イスラエルに対してドイツでデモが起こったり、
最近のイギリスはどうも結果論的に腑抜けですけど
それ以外は、しっかりしてます。

日本は…あぁ、情けない。
この世界情勢でやってることと言えば、
首相が中国主催の会議に出席することを条件に
不審船の引き上げ、です。
まぁ、それはいいとしましょう。
ヨーロッパのイスラエルとおなじく、対中問題は
今そこにある、問題ですから。
んだけどさー、
世界が戦争に向かうときに、唯一原爆落とされた国が、
戦争の準備してどうすんのよ。

僕は別に平和主義者ではありませんし、
アメリカが僕の母親や愛する人を殺したら、
迷わず、過激派に入り、テロを行うと思います。
だけどなー、徴兵は、丁重にお断りしますね。
自分の命を守るために捨てていい命なんて
あるわけ無いんですよ。
人の命を守るために捨てる、自分の命ならあるかもね。
もちろん僕の理屈なので、攻めてきたら守るっしょ、
という人はどうぞ徴兵されていただきたいんですが、
戦うときは自分の意志で。
それ以外は戦う目的はないですね。

ただなぁ…今書いてて気づいてしまったのだけど、
もし僕が徴兵を拒否したとして、
徴兵に応じた兵士で守られた安全の中で生きてるとしたら、
それは『甘え』じゃないだろうか?
兵士にならない人には、別の意味で、
命を懸けた闘いをする義務があるような。
もし、のほほんと生きていたら、
僕が望まなくても、
犠牲になって僕らを守ってくれている人に申し訳が立たない。
例え刑務所の中でも。
といって、兵器工場で働かされてもなぁ…

この話、結局、堂々巡り。

自分のモノを奪おうとする攻撃に対しては、
全力で対抗しなくてはならないのかもしれないし…
かといって、人を殺したくはない。
自分が生きるために、人を殺す…間違ってるよな。
自分の命に対する、エゴだし、
その時点で自分の命に優を、相手の命に劣を与えているが、
果たしてそれは正しいのか。
といって、無抵抗主義で蹂躙されるがままになりたいのか。
それで結果的に肉親や、恋人が傷付けられても、
自分のせいだ、と思わずに済むか。
そこまでずうずうしくはない。

国の有事法制なんて興味はない。
どーーせ、どんな法律作ったって、
有事に対応できる政治家なんていやしない。
支持率の高かった頃の小泉には、そういう危うさがあったが、
今はない。

必要なのはそんなことじゃなくて、
個人としての有事法制、
実際問題近い将来に何か起こりそうだ、という情勢の中で、
この、感情と道徳の逡巡と、堂々巡りを終わらせて、
備えておけるか。
僕個人的には、そっちの方が大事だ。

あぁ、最初はですます調で書き始めたのに結局、断定型。
ま、出版するわけでもあるまいし、これでいいや。

スポンサーリンク

スポンサーリンク