シェフが「落ち着いたらブログでもやりたいな、離れて暮らしてる二人の娘のためにも。なんか良いブログある?」と聞かれたので、機能より更新しやすさを考えて「はてなブログですかねえ」とオススメしておいた。以前書いた記事の繰り返しになるけど、今現在でもやっぱり何も知らない人が入りやすくてかつ長く使えそうなのははてなブログだと思います。まあ、ホントのこと言うとなれてしまえばどこでも使えるようになるし、友達が出来ればYahoo!ブログでも楽しくブログできるとは言えますけど、まあなるべく要らぬ苦労はさせたくないので。


そしたら、店のスタッフの女の子が。

「あーでもなんか、はてなって煽る系の人多くないですか?」

ファッ!?

「なんか、こうコメント書いて返信するスレッドみたいな奴とか……」

ああ、それ「はてなハイク」だよね。

「ああそう、そんなのとか日記とか」

はてなダイアリーとかはてなブックマークとかかな。


別にその女の子はネットに特別詳しいというわけではない(当然はてな界隈のことも知らない)、23歳の女の子なのだけど、その女の子から見て「はてな」というのは「煽る系の人たちがいるところ」という認識であると言うのを聞いて、一人でひたすらにやにやしてしまいました。説明しても多分解んねーだろうなーと思いながら、「まあ、昔はそう言うんだったけどはてなブログはもう少しフレンドリーな感じで違うよ」と答えておきましたが、いやまあ。

古参ではないけどある程度殺伐としていた時代も知ってる人としては、ニヤケを禁じ得ない。

そしてこう答えざるを得ない。



だ い た い あ っ て る



だよねー。だよねー。

まあ、はてなダイアリーだってピースフルに利用していた人はたくさんいるけれどもさ。
はてなブログは参入障壁の低さもあって、そういう特別なムラ感は薄いけどさ。



まあでも、もう一回言っとこう。


だ い た い あ っ て る



俺だけ、超面白かったです。