にしん

ニシン。鰊。

ニシンっていうと「数の子の親」「身欠きニシン」って言うイメージで握りで食べるなんて考えたこともありませんでした。なんだろう、冷蔵技術の進歩と言うことなんでしょうか。それとも単に珍し物好きの挑戦でしょうか。わかりませんが、思っていたよりも脂がのっていてそうだなー鯵みたいな感じ?なかなか美味しかったですが、多分もう二度と出会わないだろうなあ…

握りの造形も美しかったです。


[傳] 2013-01-19 - a set on Flickr
すしブロマイドシリーズ