高速リリースサイクルに移行しました」とかなんつってFirefox5がリリースされたので
アップデートしましたけど、正直なんというか、Firefox5というよりFirefox4.1という感じ。
アドオンが非対応になって難儀する以外に特に変化がないなぁ。
「タブのピン留め」はFirefox4であったし、目に見えるのはタブグループくらいか。
メモリリークの改善セキュリティ的な修正は行われている模様)


というわけなので、考え方は2つ。

一つめ、

大した変化もないから別にアップデートしなくていいや

まぁいいんじゃないかな。

二つめ、

使い勝手変わらないんだったらどうせだしアップデートしておくか

まぁいいんじゃないかな。

お好みで。



ちなみにアップデート時に「非対応だぞうー」と言われたアドオンは、
  • All-in-One gestures
  • Organize Status Bar
  • Tombloo
の3つでした。
このうちTomblooについては既に更新版が出てるっぽいです。
対応がFirefox100まで拡大されててふいたwww

他の2つはまだですが、All-in-One gesturesはindex.rdfの書き換え、
Organize Status Barはインストールファイルをダウンロードして解凍→書き換え→圧縮→インストール、で行けます。
特に問題なし。


高速サイクルなんちゃらもいいけど、これがいちいち面倒だなぁ。
Tomblooみたいにしちゃって良いんじゃないかな、もはや。