あんまりピンと来てなかったのだけど何となくそのままにしていて気持ち悪かったので、
簡単にまとめてみた。



年間20mSvの場合

  • 20mSv = 20,000μSv
  • 20,000μSv / 365日 = 54.795μSv/日
  • 54.795μSv/日 / 24時間 = 2.283μSv/h

放射線測定器(ガイガーカウンター)で表示される数字や、
文部科学省が発表している数字の単位はSv/hらしいので、
その数字が2.283μSv以下であればこの基準を満たすことになります。

ちなみに放射線測定器の単位にはGy/hというのもあるみたいですが、数値としてはほぼ同じみたい。(註1)



年間1mSvの場合

年間20mSvはあくまで緊急時の基準だろという向けに年間1mSvで計算するとこうなると。
  • 1mSv = 1,000μSv
  • 1,000μSv / 365日 = 2.740μSv/日
  • 2.740μSv/日 / 24時間 = 0.114μSv/h

1時間当たり0.114μSv未満なら安心して良いのでは(註2)。

ちなみに都市別の放射線量は

文部科学省発表のデータがここで見られます。

文部科学省ホームページ


京都の場合だと今のところ、
  • 0.05μSv/h以下(公開以降最大値0.066μSv/h)
  • 上水からの放射性物質不検出
だそうです。

うーん。


もちろん、
  • 政府発表のデータなんか信用できない
  • 「ホットスポット」のことを考えると安心できない
と言う向きもあるかと思いますが、そうなると個人で放射線測定器持つしかないだろうなぁ。(註3)



おまけ: 世界の年間自然放射線量

日本の場合、平均で1.4mSv。

再掲:年間自然放射線量2.4ミリシーベルトの欺瞞 | EX-SKF-JP

世界平均では2.4mSv。
こちらの資料では局所的に放射線量が高い地域もあるけど(註4)、
一般的には0.3mSvから0.6mSvの間に収まっているように見えます。

自然界に存在する「自然放射線」のお話、高自然放射線地域に住む人々 : p4j - がんばれ日本!!




  1. 意味は違うみたいだけど、放射線量的な意味で
  2. あくまで「(基準を満たして)安心」なので、基準が適正なのか、どの基準なら適正なのかはよくわかんないです。
  3. つっても安いもんでもないしなぁ…
  4. だからといって「高放射線量でも大丈夫」なんて言うつもりはさらさらありませんが