内閣支持率のグラフを更新しました。

使用データ

政治意識月例調査 | NHK放送文化研究所



前月より微増の31%。「不支持率」は微減で53%。
おお、なんか持ち直してる?
失策はなかったけど大した得点もあったようには見えなくてなんだろう。
既成政党がこんな感じなのを見ると、自民党の失策でって感じかなあ。

  • 民主党 16.9 → 15.2 → 14.3 → 16.7
  • 自民党 20.9 → 19.8 → 23.9 → 20.1
  • 公明党 2.4 → 2.9 → 3.0 → 4.5
  • 共産党 1.7 → 1.7 → 2.4 → 1.9
  • みんなの党 2.1 → 1.1 → 2.1 → 1.3
  • 社民党 0.3 → 0.3 → 0.1 → 0.6
  • 支持なし 47.3 → 52.0 → 45.9 → 45.2

それでも民主党16.7%。


少し古いですが「日本維新の会」の支持率が16%に達するという記事もあって、
もしその通りに選挙結果が出ると大変なことになるよなあ…
あの政策でこの支持率って政権交代時の民主党レベルでクラクラするわけですが…


本気で解散する気あるのかしら?


衆院比例の投票先「維新」16%…読売世論調査 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

読売新聞社の全国世論調査で、次期衆院比例選の投票先について政党・政治団体名を挙げて聞くと、橋下徹大阪市長が代表を務める地域政党「大阪維新の会」が16%となり、トップの自民21%に次いだ。

 民主は11%で3番目だった。維新は地元の近畿以外でも支持を集め、その勢いは全国に広がっている。

 衆院ブロック別(回答数の少ないブロックはまとめた)にみると、維新を挙げた人は近畿ではトップの29%だった。「北関東」「南関東」「東京」「北陸信越・東海」「中国・四国」「九州」では自民に次ぐ2番目。「北海道・東北」では自民、民主に次ぐ3番目だった。
 今年2月調査以降、無党派層は50%を超える状況が続いている。維新への期待感の広がりは、既成政党に対する国民の強い不満が表れたものとみられる。
(2012年8月12日23時21分 読売新聞)




注意

  • グラフスケールの関係上、新内閣発足時に行われる緊急調査についてはグラフから除外しています。
  • 小渕内閣発足時の1998年7月は実施されていないため欠落しています。
  • 2004年6月までと同7月以降とでは調査方法が異なるため、厳密には連続性はありません。
  • 2011年3月は東日本大震災のため実施されず欠落しています。

使用プログラム

amCharts: flash charts, stock charting software

Tips

  • グラフにマウスカーソルを載せると日付(年月)と支持率が表示されます。
  • ドラッグして選択すると任意の範囲を拡大できます。