意味がよくわからない体重の極端な増減

体重計のイラスト 夏になると気温が上がって発汗量が増えるので、確かに体重は増減しやすくなります。単に水の出入りがあるだけなので実際に太ったり痩せたりしているのか?というとそうでもないわけですけど、それにしてもここ2週間ぐらいの体重の増減が大きすぎて気持ちが悪い。 体重の増減はこんな感じ。 20190620_weight.png 5月末に飲み会があって少し増えていたのが、少しずつ減って70kgを切るぐらいまで減った……と思ったら、特に何か飲み会があったわけでもないのに1週間ほど走れない間に急に増えて74kgまで。そのあとランニングを再開(ただし少し怪我気味なので緩めに)して、また71kgを切るまで減る。つまり2週間で3kg増えて減る、4kg増えて減るというのが1回ずつあったわけです。ええ。体重ってそんなに増えたり減ったりして大丈夫なの。 もしかすると日常の水分摂取が少なすぎて体重が本来よりも減り気味で、ビール飲んだり少し水分を取ったりすると急に増えるみたいなことかなあ、と思って意識的に水分を多めに取るようにしてみたけれど、結果はあんまり変わらず。筋肉とか脂肪とかはとは全然関係ない、水分、便秘とかで変わるんでしょうね。なるべく多く水分を摂取するように努めつつ、運動も含めて生活リズムを崩しすぎないように気をつけるしかないかなあ。 まあ、体重の増減が大きいからって目に見えて何か弊害が起きてるわけじゃ無いので、気にしなければ良いだけなんですけどね。変なの。

続きを読む

外食続きだったけど全然太ってなかった

先月から今月に掛けて、特に今月下旬が忙しくて、疲労もあってなかなか走りに行けない、でも珍しく外食や外飲みが増える合間に家でも飲むみたいな感じでこれはきっと体重増えてんだろうなあと思ってしばらく体重計に乗ってなかった(現実逃避)んですが、ようやく諸々一段落付いて軽くだけど走りに行けたんで、いい加減諦めて体重戻していこうかと思って体重計乗ったら全然増えてなかったです。むしろ1.2kg減ってた。理由はわからん。 昔からストレス溜まったり疲労溜まったりすると、ついなんかつまんでしまって太るひとなんですけど(夕方耐えきれずにコンビニおにぎりとか)、今人生で一番運動してて、特に下半身は人生で一番筋肉付いてる(馬に乗ってた学生時代よりも筋肉あると思う)んで、代謝が前より違うのかもなー と思いつつ、だがしかし走るようになって体重が劇的に減ったかというとそうでもなく、本当はあと3kgぐらい減らしたいんだけどなあと思いながらだいたい同じぐらいをずっとキープしちゃってます。つまり代謝が増えて太りにくくなったというよりは、体が同じ体重をキープしようとしてるのかもしれない?(メンタル的な部分も含めて)原理はわからないけど。走る距離に体が慣れてしまってあまり負荷を感じなくなったというのもあるだろうし、以前に比べると肉体労働の時間が減って頭脳労働の割合が増えてるので、そのあたりで物理的に消費カロリーが減ってるというのもあるだろうし、加齢で基礎代謝が落ちてるというのもあるだろうし。 まあとにかく増えてなくて良かったです。久々に走って「体重いなあ、全然動かない」と思ってたのは別に体重増えてたからじゃなくてシンプルに筋肉の問題だったってわけだね。それなら走って行けば戻せるからまだいいか。だんだん暑くなってくるけど無理せず走って行きましょう(夏はなぜかトレイルの大会が多いけど、トレイルはまだ走ったことない)。走ってるうちに体重も減るだろ、知らんけど。

続きを読む

睡眠時間を伸ばしたら体重が減った

pet_cat_omoi_sleep_woman.png 以前、睡眠不足だと太りやすくなるようだという記事を書きました。 太りやすいのは睡眠不足のため? | mutter 眠っている間にホルモンの働きによって脂肪が分解されてエネルギーになったり、睡眠を十分に摂ることで食欲を抑えられたり、するそうです。執筆時点での僕の平均睡眠時間は、週末昼まで寝ているのを考慮しても1日5時間を切るレベル(4時間40分ぐらい)であり、運動をしているのに体重が減らない要因として睡眠不足も関係ありそうでした。

2018年12月まで

その後仕事の仕方を少しずつ変えてなるべく睡眠時間を伸ばすようにしていったのですが、2018年内はなかなか生活スタイルを変えられず睡眠時間は短いままでした。

2019年1月

2019年に入って京都マラソンが近付いて、1ヶ月間お酒を飲むのを止めました。僕がお酒を飲むのはだいたい0時ぐらいからなので、お酒を飲む=睡眠時間が短くなるということになります。お酒を飲むのを止めたことで、寝る時間が早まり睡眠時間が少し長くなりました。 (1月末に風邪で1日中寝ている日があるので平均は少し長くなってると思います)

2019年2月

京都マラソンの最後の調整、また京都マラソンが終わってしばらく運動を控えました。僕が走るのはこれまた深夜22時から2時ぐらいが多いので、走ると言うことはすなわち睡眠時間が短くなると言うことになります。これがなくなったので、さらに睡眠時間が長くなりました。

続きを読む

【京都マラソン2019】体重の変化

京都マラソン2019

マラソンでは体重が重要だという話は以前書きました。 体重1kg減ると僕の場合フルマラソンで4分短縮ぐらい期待できそうです。 体重1kg減るとフルマラソンで3分の効果がある? | mutter でもこれがねえ、なかなか減らないんですよね。特に今年はいつもよりも減る割合が小さくて、これはこのまま重めの体重で行くことになるのかなと覚悟していたんですけど、このところちょっと動きが出ています。

続きを読む

体重1kg減るとフルマラソンで3分の効果がある?

マラソンは「体重が軽ければ軽いほどいいタイムが出る」と多くのランナーは経験的に知っている。前にも紹介したが、『スロージョギング健康法』(朝日新聞出版)の著書がある福岡大学スポーツ科学部の故・田中宏暁名誉教授によると、体重が1kg減るとフルマラソンのタイムが3〜5分縮むという。これは最大酸素摂取量をもとにした計算だが、学校で習った物理の公式を使っても簡単に説明できる。mという質量の物体をvという速度で動かすのに必要なエネルギー(K)を導く計算式“K=1/2mv^2”だ。

体重は落としても○○は落とすな! ダイエットとマラソンの決定的な違い | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

続きを読む

この夏の体重の変化について【2018夏】

31_02.jpg 平滑線が入っているので細かい推移が見づらいですが、病気をして以来2ヶ月間激しい運動を控えていてその間の体重はおおよそ74kgくらいで推移していました。最も重かったのは6/30の75.5kgで、BMI的に見て標準体重を超えてしまっています。なんでこんなに増えたんだろ。特に飲み会があったとかじゃなんですけどね。

続きを読む

BMI値と体脂肪率による体型判断

BMI値と体脂肪率による体型マトリックス 体を測定する数字は色々ありますが、どれも特徴がありどれか1つだけで体型を正しく判断するのは難しいです。見た目からだが大きくても、どれくらい筋肉かで肥満かどうかは変わってきますし。今現在はBMIと体脂肪率から体型判断をしましょう、というのが流行っているみたいです。で、「メンズのMODERE(モデーア)レビュー」さんからお借りしたマトリックスが上の画像です。

続きを読む

太りやすいのは睡眠不足のため?

柴犬・睡眠 我が家の食卓を知っている人ならわかると思いますが、食生活から考えると太る要素など全くないように見えます。野菜中心だし、肉料理は少ないし、揚げ物は全く食べないし、全体的な量も少ない。ご飯は基本的に茶碗1杯まで。そしてその内容通り、彼女の人はすごく痩せています。特に健康に問題があるとか、摂食障害だとかそういうことは全くないのですが、体質的に太ることが出来ない&食の好み的にも太る要素が殆どないということで、なかなか太れない。本人はあと2kgくらいは太りたいみたいですが、何年も見てて増えたのって1kgくらいなので、この先も多分2kg増えることはないんじゃないかな。逆に、2kg増やすことを志向していないと痩せてしまうくらい。

続きを読む