【今日のニュースから】韓国が軍事情報包括保護協定の破棄を決定

韓国の文在寅 (ムン・ジェイン)大統領

【ソウル共同】韓国政府は22日、日本と結んでいる軍事情報包括保護協定を破棄することを決めたと発表した。日本の輸出規制強化が「両国間の安保協力環境に重大な変化をもたらした」ことが理由と説明した。また、協定継続が「韓国の国益にそぐわないと判断した」と明らかにした。

韓国が日本との軍事協定破棄決定 日本の輸出規制強化に対抗 | 共同通信

続きを読む

韓国にどう対応したら良いのかわからん

石焼ビビンバのイラスト 韓国の話はセンシティブな問題でもあるし、感情的になっている人が両国に一定数いるので、触れないようにしようと思っているんだけどしかしこれだけ大ごとになってしまうとニュースを見ないのは不可能だし、事情を知れば知るほど韓国の行動がわからなくなっていって、もうどう対応したらいいのかわからんのですよね。 日本側から見た事情を超簡単にまとめると、

  1. 韓国に輸出していた資材、製品の一部が中国や北朝鮮に横流しされ、一部軍事利用されている疑いがある
  2. 疑いについて説明を求めても回答がない
  3. 軍事利用が可能な製品について1件ごとに許可申請が必要な措置を行うものとする(グループAからグループBへの変更)
という流れで、要は、
  • 韓国が横流しなどしていないことを証明する
  • 仮に横流しがあったとしても今後、それを厳重に取り締まるよう約束しそのための仕組みを具体的に提示する
  • 横流しされたものの先行きを調査し、公表する
といったことをしてくれれば、疑いが晴れてまたは今後について信頼出来るとなって、グループ分けを変えなくて済むのだけれど、実際に韓国がやったことは、
  • 横流しなどあるわけがない
  • 徴用工問題に対する報復措置であるから断固抗議する
この2点張りで、そもそも問題など存在していないのに日本が勝手に邪魔してきたという認識。

続きを読む

結局みんなポピュリズムが好き

新しい時代の幕開けのイラスト(令和) 先日の選挙で一定数の支持を受け2議席を獲得した「れいわ新撰組」。彼らはいわゆるポピュリズムであると言えると思います。そう言われて反射的に嫌悪感を覚える人もいるかも知れないけれど、Wikipediaの定義を読むとそのまんま当てはまります。

ポピュリズム – Wikipedia

ポピュリズム(英: populism)(平民主義)(公民主義)(人民主義)(大衆主義)とは、一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用して、大衆の支持のもとに、既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しようとする政治思想、または政治姿勢のことである[1][2][3][4]。日本語では大衆主義(たいしゅうしゅぎ)や人民主義(じんみんしゅぎ)[5]などのほか、否定的な意味を込めて衆愚政治や大衆迎合主義(たいしゅうげいごうしゅぎ)[6][7]などとも訳されている。 また、同様の思想を持つ人物や集団をポピュリスト(英: populist)と呼び、民衆派や大衆主義者、人民主義者、もしくは大衆迎合主義者などと訳されている。

続きを読む

第25回参議院通常選挙が終わりまして(追記あり)

「改憲3分の2」維持できず=自公、改選過半数-れいわ・N国が議席【19参院選】(時事通信) – Yahoo!ニュース

21日に投開票された第25回参院選は22日未明、改選124全議席が確定した。  自民、公明両党で71議席を獲得、改選議席の半数62を超えたが、自公と憲法改正に前向きな日本維新の会の「改憲勢力」では、改憲発議に必要な参院の3分の2(164)を割り込んだ。立憲民主党は改選議席の倍に迫る17議席に伸ばした。  安倍晋三首相(自民党総裁)は21日夜のテレビ朝日の番組で、改憲について「議論していけという国民の声を頂いた。国会で議論が進んでいくことを期待したい」と表明した。

第25回参議院通常選挙が終わりましたので、個人的な雑感を。

続きを読む

選挙done(第25回参議院議員通常選挙)

投票日当日は用事があって投票に行くのが難しそうなので、先週末に参議院選挙の期日前投票に行ってきました。僕のところの投票所は区役所の会議室で、普段の投票所に比べると少し家から距離があるんですが、まあ贅沢は言えないかなあ。日曜日にもかかわらず立ち会い、案内ご苦労様です。

続きを読む

スズキイッペイは静かに暮らしたい(SNS等で選挙活動を熱心に行うアカウントとの付き合い方について)

インターネット選挙運動のイラスト(政治) 選挙まであと10日となりまして、 市街地およびネット上での選挙活動が活発になってきました。繁華街に近いせいか職場付近は昔から選挙演説やデモ活動が頻繁に行われる地域なんですが、最近も熱心な呼びかけが木霊のように連鎖してたいそう賑やかです。お祭りってホントに良いもんですね。 さて表題にあります「SNS等で選挙活動を熱心に行うアカウントとの付き合い方について」です。SNSとは主にFacebookとTwitterのことをさすのですが、そのタイムライン上で熱心に選挙活動を行っている友人・知人をしばしば見掛けます。社会問題に焦点を当てる活動や、正しい選択のために投票を促す活動など、それらひとつひとつに意義はあるとは思うのですが、私、スズキイッペイはせめてネットの中だけでも静かに暮らしたい。 今まで「古くからの友人だから」とか「馴染みの店だから」といった理由でそれらの活動を見て見ぬ振りしてきましたが、さすがにちょっとうるさすぎます。それぞれが支援されている政党・候補者、それぞれの方針や政策について反対と言うことは全くありませんが、その広報と一緒に流れてくる投稿やツイートの中には扇動的で誤謬に満ちた質の悪い回覧も多いし、精神安定上よろしくない。友人なのであれば、間違っている部分だけを指摘して、賛同できる部分は賛同しといったようにしていく方がいいのかも知れませんが、徹頭徹尾思い込みと差別に満ちたツイートなどもあってさすがに付き合いきれません。 そういうわけですので本日以降の方針として、「過剰な選挙活動」を行うアカウントについては、友人だろうと馴染みの店だろうと、初恋の人だろうと、憧れの先輩であろうと、分け隔てなくアンフォローないしはミュートを行っていくことにしました。活動されている方それぞれは善意を持って行っていることだと思いますし、僕の行動はそれぞれの活動の中身を批判するものではありません。そうではなくシンプルに僕は静寂が欲しい。善意からであったとしても友人・知人の活動と喚き続ける選挙カーとの間に僅かな差異も僕には感じられない。これだけ雑音の多い社会なのだから、せめてSNSぐらい自分が満たされるものだけで満ちて良いじゃないか。そう思います。 以上、ご理解ください。よろしくお願いいたします。

続きを読む