居酒屋の出退勤システムが変わってた(技術とコスト)

timecard_man.png 今まではタイムカードを押す一般的な形だったんですが、それが、

  1. 出勤したら更衣室にあるWindowsパソコンを開く
  2. エクセルシートを開いて自分の名前をクリックする(それぞれのページに飛ぶ)
  3. 「出勤」ボタンを押す
  4. 今日の欄に現在時刻が入力される
というシステムに変わりました。Excelのマクロで動いてて、毎日業務終了後にUSBメモリにバックアップ、締め日終了後にデータ提出というかたちになるらしいです。

続きを読む

「付加価値度が手間と見合わない」という感覚が非技術者とわかりあえない

給料日・ボーナス日のイラスト 今エンジニアとして働いている会社のタスクが「優先度」と「付加価値度」とで管理されていることは以前書きました。 付加価値度と優先度 | mutter たくさんある業務上の改善点や新機能追加などの各タスクについて、非技術者である社長が優先度を設定した上で、会社に与える利益のインパクトを基準として付加価値度を設定すると言うやり方です。上司がいた頃は、その付加価値度を四半期ベースで集計して待遇の見直しに活用されていたようです。今の僕は決められた時給で働いて賞与もないので全く関係ありませんが。

続きを読む

【今日のニュースから】雇用契約を業務委託契約に切り替えることのメリットとデメリットについて

実態は「労働者」なのに…… 「名ばかり事業主」の苦しみとは – Yahoo!ニュース

昨年12月の深夜。LINEの着信音が聞こえた。 内田加奈さん(30、仮名)がスマートフォンを開くと、「通知書」と書かれた書類の写真が添付されていた。差出人は、勤務先の美容室。内田さんの債務不履行のせいで、営業損害金50万円が生じたとし、これを相殺するため、11、12両月分の報酬を支払わないという内容だった。 (中略) なぜ、こんな事態が起きたのか。 そもそもの原因は、内田さんら美容師と会社との契約が労働者としての「雇用契約」ではなく、個人事業主としての「業務委託契約」だったことにある。 この美容室は、原則12時間勤務だ。内田さんら複数の美容師によると、出勤する店舗や始業時間はあらかじめ決められ、遅刻すると、1000円の罰金を徴収された。顧客の予約も、会社側がコンピューターで管理。店長には、会計や清掃方法など40項目以上を指示する「業務確認表」が配布されるなど、美容師たちが自らの裁量でやりくりする余地は、ほとんど認められていなかったという。

昨日読んだ記事ですが、こんなのがあって少し気になったので。 最近、ちょっとだけ縁がある某カフェで同じような契約変更が行われて、それまで社員・アルバイトとして雇用されていた人が全員個人事業主として「業務委託契約」(法律的には「委任」)に変更されたという話があって、全力で「それはあかんやろ」と突っ込んだんですが、この記事にあるようなガチで被害を受けている人たちの話を聞くに付け、そういうのを「経営改善」とか「節税・コスト減」とかの名目で吹き込んでる人がいるんだろうなあと遠い目になります。そんなの何も知らない経営者が自然に同時多発的に思いつくような手法じゃないですからね。闇深い。

続きを読む

何でも「よろしくお願いします」で締める文化

Eメールを送る男性のイラスト これ昔からすごい不思議だったんですけど、昼間行っている会社にはメールのやりとりでは最後に「よろしくお願いいたします」を付ける習慣があります。別に社内ルールがあるわけではなく、誰かがそうしようと言ったこともないはずなんですけど、今やみんながやってます。 例えばこんな感じ。

冷蔵庫横にあるレーザープリンターが故障しました。 近日中に修理予定ですので使用しないでください。 よろしくお願いします。
修理が完了しました。 これまで通り使用できます。 よろしくお願いします。
日本語としておかしくはないです。別に。ただ必要ではないですよね。 最近の文化はLINEやSMSの文化を反映して用件だけを書くというものになっているみたいですが、ビジネスメールでそれはやり過ぎだとしても、社内のやりとりに関してはもう少し簡素で良いんじゃないでしょうか。具体的には上のメールの「よろしくお願いします。」は要らない。 こんなのもあります。
了解しました。 よろしくお願いします。
いやそれ「了解しました。」だけでいいんじゃないですか。誰かの報告に対して了解したのは伝わるけれど、「何を」よろしくお願いしているのかさっぱりわからない。多分手癖で打ってるだけなんでしょうけど…… こういうの、ぶっちゃけどっちかにして問題が起こるようなことではないし、止めることで得られるメリットも説明出来ないから変えるのはなかなか難しいんだけど、誰も彼もが意味なくよろしくお願いしていることに気付いてしまうとすごい気持ちが悪い。自分だけはそういうの止めようと思って、メールから「よろしくお願いします」をなるべく排除するようにしてるんですが……社内の文化は変わりませんね。 今後は用件だけを書けばよく、締めでよろしくお願いしなくても良いといった感じの文化になっていって欲しいなと思っています。 よろしくお願いいたします。

続きを読む

有給休暇年5日以上未取得で会社に罰金

building_roudoukijyun_kantokusyo.png 今年の4月から順次施行されていく、いわゆる「働き方改革関連法」の中に、会社が従業員に有給休暇を消化させなければならないというものがあります。労働基準法の改正です。 詳しくはこちらなどが参考になると思います。

【働き方改革】労働者に年次有給休暇を年5日取得(消化)させることが義務化。いつから?罰則は?【2019年4月から】 | 『資格の大原』ブログ 社労士

今回は、2019年4月から施行される年次有給休暇(有給・年休)の指定義務化についてまとめます。 年休の指定義務化というのは、会社が従業員に1年で5日年休を消化させなければならない、というものです。 働き方改革関連法では、とかく、時間外労働の上限規制や高度プロフェッショナル制度に注目が集まりがちです。 しかし、多くの企業や従業員に広く影響を及ぶのは「年次有給休暇の指定義務化」の方といわれています。 企業の規模を問わず中小企業にも適用され、かつ、正社員やアルバイトといった雇用形態にかかわらず、適用が及ぶためです。 平成31年(2019年)4月1日からスタートします。

続きを読む