未完成のものを見るのは楽しい

イタリアンシェフ14

4/8を最終出勤日として飲食店を移籍しました。前の店を辞めた理由はいくつかあるんですけど、理由の1つに店および会社の硬直化がありました。店の規模は大きくないのに経営に参加するプレイヤーが多すぎてものごとの決定に時間がかかり、そして散々会議した結果、無難な決着に収まるその過程がなんともだるかったです。会議の意味あんの。個人的には飲食の現場で勉強出来れば十分ではあったのですけど、人手不足のピークタイム中、キッチンに直接電話掛けてきて料理長を30分も引っこ抜いていく役員とか、ホント死ねば良いのにと思ってました。だる過ぎ。

続きを読む

【お仕事近況】2021年4月

1月から12月までの毎月のタイトル文字

3月下旬に入って再び大阪府で新規感染者が増えまして、釣られるように京都府でも感染者が増えてきました。それに伴い京都府は京都市を中心に16市町村を対象にして時短要請を出すことに決定し、明日4/5(月)から実施されます。せっかく売上が回復しつつあったけどやっぱりそうなるのね……

続きを読む

「面談」を楽しめるようになってきました

オンライン打ち合わせのイラスト

最近立て続けに「面接」「面談」「商談」というのを何件かこなしたんですが(シチュエーションで変わりますが、ここでは「面談」と呼称することにします)、その中でだんだんとそれらを楽しめるようになってきました。かつては「面談」と聞いただけで緊張して言葉が出ない、頭真っ白みたいな状態だったんですけど、最近はジョークまで言えるようになってきたりとか。変わったなあ俺。

続きを読む

新しい飲食店で働くことになりました

料理をするシェフ・コックさんのイラスト

【お仕事近況】2021年3月(その2)」の中で書いた通り会社による採用時の約束の反故があり、退職を決めて求職活動をしていました。反故を決定づけた「取締役による却下」が通達されたその日(3/16)にすぐ求職活動を始め、運良く翌日には面接をしたいというオファーをいただきその3日後に面接、面接2日後(3/22)に採用が決定しました。早い。「取締役による却下」判明から次の仕事が決まるまで僅か6日。超早い。

続きを読む

【お仕事近況】2021年3月(その2)

1月から12月までの毎月のタイトル文字

新規感染者が300人を超える日があるなど、東京ではまだまだ新型コロナウイルスの影響は収まっていませんが(そしてこのまま収まらないんじゃないかとも思うんですが)、京都では緊急事態宣言の解除と段階的な営業短縮要請の緩和が始まってきており、近隣府県からの観光客も増えてきています。週末になると他府県ナンバーの車が路地に溢れ狭い道でにっちもさっちもいかなくなっていたり、昼間の四条通を通ろうとして大渋滞になっていたり(四条通を通過するのは避けましょう)、近所の晴明神社が初詣か?というほど混み合っていたり、だいぶ活気が戻ってきました。飲食店の仕事も忙しくなってきていよいよかき入れ時……というだけであれば「その2」を書かないので、まあそういうことです。

続きを読む

協会けんぽ任意継続から国民健康保険に切り替える

保険証のイラスト

居酒屋を退職後、主に保険料を理由として協会けんぽの任意継続を続けていましたが、いかに協会けんぽの保険料が安いとは言え任意継続では企業からの援助はなく保険料「倍額」なので、さすがにそれほど大きなメリットはありません。加えて今の所得で計算すると国民健康保険の方が安くなることがわかったので、任意継続の終了を待たずに切り替えを検討することにしました。

続きを読む