「龍が如く6 命の詩。」始めました。

龍が如く6

去年の4月に始めた「龍が如く」シリーズですが、1年と3ヶ月掛かってようやく「6」に到達しました。ナンバリングタイトルとしては「0」を含めて7作目となる今作は、「桐生一馬伝説、最終章」と銘打たれているとおり、桐生ちゃんが主人公として登場する最後の作品になります。1968年生まれという設定の桐生ちゃんは「6」の世界(2016年)では既に48歳になっていて、まあ確かにもう肉体派極道(カタギだけど)としてはもう現役を退いてもいい頃。100億の事件からの長い長いストーリーに終止符が打たれることになるかと思うと感慨深いものがあります。

続きを読む

「龍が如く5 リマスター版」を EX-HARD モードでもクリアしました。最終的な感想など。

5月の終わりにクリアしてから今まで何をしてたかって言うと、クリア後に選択出来るより難しいゲームモード「EX-HARD」モードでプレイしてました。別に「トロコン」(トロフィーコンプリート。全実績解除)は目指していないのですけど、「龍が如く4」で2周目を遊んだとき、うっかり1周目と同じ「NORMAL」モードでプレイして手応えがなさ過ぎたのを思い出したので、じゃあ今回は「EX-HARD」モードでやってみようってことでプレイ。

続きを読む

「ババアインパクト」を思い出す

マスクを着用しない人というのはあらゆる年代に一定割合でいるとは思うんですけど、「50代、60代男性」という属性に当てはまる人が極端に多い印象です。統計はなく僕の体感でしかないので、錯覚かも知れませんが。そういった人の中にはなんらかの信念があるのか店内でもマスクを着用せずに平気で買いものをしている人もおり、周りの人がやんわり距離を取っている光景を見掛けます。あなたの信念は好きにすれば良いけれど、人と交わるときには少しぐらい譲歩してくれないですかね、と思います。先日スーパーで買いものをしているとき、店を出た瞬間にマスクを外して駐輪場に向かった中年男性は、そういう感じのスタンスなんでしょう。

続きを読む

「龍が如く5 リマスター版」始めました。

クリア後も「強くてニューゲーム」で「龍が如く4」を楽しく遊んでいたんですが、サブストーリーをコンプリートし、遊べる部分はほとんど遊んでしまって、あとはキャバクラとかミニゲームとかだけになってしまったので、そろそろいいかなということで「龍が如く5」を始めることにしました。「龍が如く4」は2/26に始めて4/11まで遊んだので、都合45日間遊んだってことになります、遊んだなー。プレイ時間を見てみると3周ぐらいした「龍が如く0」が152時間なのに対し「龍が如く4」は85時間なので、めちゃくちゃやり込んだってわけじゃないんですけど、元は取ったかな。

続きを読む

「龍が如く4 リマスター版」をクリアしました。

龍が如くリマスター版の第2弾、「龍が如く4 リマスター版」(以下「龍が如く4」)も無事クリアしました。プレイを始めたのが2/26、クリアしたのは3/15なので2週間半ぐらいのプレイでした。前回「龍が如く 3 リマスター版」(以下「龍が如く3」)は操作性とゲームテンポの問題からプレイする上でのストレスが少し大きく、珍しく2周目はプレイしなかったのですが、「龍が如く4」はその辺りが大きく改善されていて移動しているだけで楽しいので、クリアしてそのまま2周目に突入しています。1年でこんなに進化しますか。すげえな。

続きを読む