【外国為替相場】韓国ウォンは大丈夫なんでしょうか

〔マーケットアイ〕外為:ドル106.56円まで反落、関税延期で「問題さらに長期化」 – ロイター

[東京 14日 ロイター] – <09:04> ドル106.56円まで反落、関税延期で「問題さらに長期化」 海外市場で106.98円まで切り返したドルは、現在106.56円まで反落。特段の進展がない中、米国が突然表明した対中関税の発動延期は「ただ問題を長引かせるだけ」(外銀)と懸念する声が出ていた。 それでも前日にドルが105円割れ目前の水準から、107円目前まで2円弱買われたのは「最近の円高で多くの短期筋が円買いに傾いていたため」(トレーダー)。損失確定の円売りを誘発するストップロスを巻き込んでドルの上昇が勢いづいたようで、ドルの上値ではもう一度円買いポジションの構築を狙う向きが少なくないという。

続きを読む

【ドル円】円高らしいですね

任天堂、円高響き大幅減益=「スイッチ」は好調持続(時事通信) – Yahoo!ニュース

任天堂が30日発表した2019年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比45.7%減と大幅減益となった。対ユーロを中心に、円高に伴う120億円の為替差損が発生したことが主因。研究開発費が前年同期に比べ10億円増えたことも、利益を押し下げた。  一方、主力の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」は好調を維持。売上高は2.4%増の1721億1100万円と増収を確保した。  スイッチは本体、ソフトともに堅調。特に6月発売のソフト「スーパーマリオメーカー2」の出足が好調だった。世界最大のゲーム市場である中国での販売時期については「未定」としている。

ということらしいので、久しぶりに外国為替を見てみました。 ちなみに前回も円高のニュースがあったとき(2018年3月)で、その時の水準は1ドル106円43銭。

続きを読む

京都市の季節ごとの平均気温推移をグラフ化しました。

いろいろな折れ線グラフのイラスト かつて京都市の気温について定期的にチェックしていた時期があり、今までもデータとしては存在していたんですが、非常に扱いづらい独自の形式になっていました。それを今回、フレームワーク変更に伴って他のグラフと同じ形式のデータに変換し、Chart.jsとして書き出せるようにしてみました。 技術的には今まで書いて来たことと同じなので割愛します。 このあたりを参考にしてください。 Vue.js+Chart.js(vue-chartjs)+Laravelでグラフを作成しました。 【#np2020】 | mutter 【Chart.js】グラフの変更が完了しました【#np2020】 | mutter 以下、グラフを掲載します。

続きを読む

【Chart.js】グラフの変更が完了しました【#np2020】

これまでのFlashを使ったグラフからChart.jsを使ったグラフへの切り替えが完了しました。既存のデータを現在のシステムに移行する必要がありましたが、Laravelで適当なコマンドツールを作って、amChartのXMLファイルを読み込んで解析、必要に応じてデータベース上にテーブルを作ってデータを入力という流れで簡単にコンバートできました。特にLaravelのEloquent ORMには助けられてばかりです。素敵すぎ。

Eloquent ORMを使ったデータの入力

例えば「test.xml」というデータファイルからグラフを作成したいとき、次のようにすることで対応するデータが存在しないときだけ作成する、みたいなことが出来ます。これが死ぬほど便利。
$graph = Graph::firstOrCreate(['name' => 'test']);
この1行だけで処理がステートフルになるんですよね。このグラフに結びつけるデータの方は、
$graph_data = GraphData::firstOrNew([
'graph_id'  => $graph->id
,'label'    => $label
,'is_valid' => true
]);
$graph_data->value = $value;
$graph_data->save();
みたいな感じで、あればそれを無ければ作成したオブジェクトにデータを渡して保存。「firstOrNew()」はオブジェクトを作るだけ、「firstOrCreate()」は保存までしてくれるんですが、その使い分けも便利です。おかげでコードの行数が少なくて済みました。最高。

移行したグラフたち

最近の「グラフ化」記事はGoogleスプレッドシートで作ったグラフを貼ることが多いので、今回移行したグラフは過去のものばかりです。必然的に目に触れる機会は二度と無いであろうと思うんですが、せっかく移行したので供養代わりに掲載しておきます。

続きを読む

Vue.js+Chart.js(vue-chartjs)+Laravelでグラフを作成しました。 【#np2020】

vuechartjs.png このブログではこれまでFlashを使ったグラフを採用してきたのですが、ブラウザ側のFlashへの対応が厳しくなっている今、Flashじゃないよなあということでリニューアル後はJavaScriptによるグラフを採用することにしました。 で、その作業が一段落したので現行ブログの方も置き換え。

サンプル

こんな感じです。データは普段「内閣支持率」のグラフで使用しているもの。 インタラクティブに動きますが、これ、JavaScriptなんですよねえ。すごい。しかも自分ではほとんどコードを書くことなく実現出来てしまいます(データ取得部分を除く)。 以下、導入のポイントと参考になったサイトを。

続きを読む

【vue-chartjs】グラフのオプションを一括設定したい【#np2020】

vuechartjs.png Vue.js と Chart.js を連携させてグラフを描画する場合、ラッパーとして「vue-chartjs」を使うと面倒なことがかなり省略できて楽です。ファイルさえ準備しておけばデータを入れて簡単にグラフが描画できるというイメージでしょうか。導入に関しては公式サイトなどを参照してください。 最初に | vue-chartjs

続きを読む

京都はタクシーが多い……と思っていたけど実はそうでもなかった

Taxi 一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会のまとめによると、平成29年3月31日時点での都道府県別タクシー車両数は上記のようになっています(グラフは筆者作成)。 統計調査 | 統計調査 – 全タク連 台数として圧倒的なのはっやはり東京。法人タクシーだけ見ても全国の約6分の1のタクシーが東京に集中しています。人口比で見ても日本人の7人に1人ぐらいは東京にいるので当然と言えば当然です。ついで多いのが大阪、神奈川、福岡、それから意外なことに北海道。土地が広いのはわかるけれど、それで利用者が多いってことなのかな。愛知は意外に少なくてその次、それから兵庫、京都はその次ぐらいですね。全国で8番目。うーん、多くないですね。おかしいなあ、体感と違う。 京都市内にいるとタクシーってものすごく多く感じます。市内どこでも捕まえられるし、朝も夜も走ってるイメージ。もしかしてあれかな、京都府の場合タクシーのほとんどが京都市内(それも市街地)に集中しているということなんでしょうか。そういえば京都は人口そのものが京都市に集中していて、京都市の人口が150万弱に対して、次に多い宇治市が18万、その次が亀岡市で9万弱しかいません。京都府の人口は260万弱で実は北海道や福岡県の半分ぐらいしかいないんですね。 「政令指定都市別のタクシー車両数」なんてのがあると解りやすかったんでけど残念ながらない(「タクシー運転者登録制度」が都道府県別だからでしょう)ので想像の域を出ませんが、まあ多分そんな感じかな。もちろん正確に把握するためには人口だけではなく観光客も含めた流動人口を考えないといけないのかも知れませんが…… ……誰か社会学の人あとやって。

続きを読む