運転免許証のイラスト(おじいさん)


1つのことに注目が集まるとマスメディアが取り上げやすくなるので、決して今ことさらに高齢者の自動車事故が増えているわけではないとは思います。そんなことはもちろんわかっているのですけど、こう連日様々な事故が報道されるとちょっと考えちゃいますよね。「高齢者の事故が増えてるんじゃ無いか」って。

いや実際件数は増えているのかも知れないけれどでもそれは高齢化社会になって高齢者の数自体が増え、かつ家に老人しかいないシチュエーションが増えることで、必然的に高齢者のドライバーが増えたからだと思います。昨日今日、危険性が増したわけではない。人間が加齢によって能力を失うのは致し方のないことですし、連続する毎日のどこかで諦める瞬間は来てしまうのだろうと思います。

ただ正論として「高齢者に自動車を運転させてはいけない」という理屈が通ったとしても、それを現実に敷衍するのはなかなか難しいです。例えば僕の父は仕事で車に乗る機会が多くて、若い頃から70歳になる現在に至るまでほぼ毎日車を運転しています(そしてずっとゴールド)。たまに同乗するけれど昔と変わったことは何も無くて、むしろ以前よりスピードを抑えて安全運転になっているように見えます。毎日乗っていると怖い運転をする車をよく見掛けるんでしょう、そうならないように気をつけている感じ。


その彼に今、運転免許の返納を促すことはなかなか難しいです。まず第一に今でも現役で働いている、その仕事が出来なくなります。求められれば静岡県西部から東部まで幅広く移動していて、そのフットワークの軽さと手際の良さとで仕事をもらっているようなもんだから。また毎日車に乗っている人にありがちなように、車以外で買いものに行くことはほとんどありません。コンビニだって車で行きます。確かに静岡市の郊外はちょっと歩けば用が足りるというわけには行かないので、車必須ではあるもののそれにしても。今すぐパッと運転するのを止めてしまったら、明日から困る。ああ、大好きな海釣りにもいけなくなってしまうなあ。。

でもそういう個人の事情があったにしても、うちの父親がいつまでも安全運転をし続けられるわけではないというのまた事実なんですよね。「今このときから」という瞬間があるわけでは無いけれど、これからの10年でゆっくり能力を失って今まで出来ていた判断が少しずつ遅れたり、間違った判断をするようになったりするかもしれない。「うちの父親に限ってそんなことはない」と思いたいのはやまやまなんだけど、でも、そんなことないよなあ。あの運転が上手い僕の父親だって、いずれ老いる。今すぐでは無いけれど、いずれどこかの瞬間で車を降りる日が来る。


今している仕事に関しては、老後の貯蓄をにらみつつ徐々に若い人に譲って減らしていくというようなことを以前話していたので、合わせて運転免許のことも考えてくれているとは思います。ていうかこれだけ毎日報道されてたら、母親がなんらかのことを言って喧嘩するぐらいはしててもおかしくない。ただなー、父親ってのはちょっとプライドが高くて難しい人でもあって、正面から「危ないからもう乗るな」みたいなこと言ったら絶対拗ねると思うんですよね。その辺僕と似てるからわかる。そんな言い方すればするほど意固地になりそう。

だからなんだろう、少しずつシフトするように提案していけないかなあと最近思っています。次に実家に帰ったときにいおうと思っているんだけど、いずれあと何年かで車には乗れなくなるから、今のうちから近くは自転車で買いものに行くようにするとか、たまにはバスに乗って時間感覚に慣れておくとか、単純に歩くようにするとか、しておいた方が良いかもよと言うような話をやんわりしようと。なかなかね、変わってくれるような人ではないけれど、でも準備しないと切り替えられないことだからさ……極端なこと言えば、家土地を売り払って街中に小さなマンション買って引っ越ししても良いと思うんだよ。僕も妹もその土地や家を相続して潤いたいなんて微塵も思っていないし。


正直言えば、父親が今何を考えているかを聞きたいんだけどね。こっちの意見を言う前にね。強がりとかじゃなく率直なところを。そしたら「じゃああと10年を目途に運転免許を返納しようか」「車は毎日乗って良いけど歩くこともしよう」とかそういう話も出来るんだけど、でもあの人すぐ格好付けるからなあ……出来れば今の社会の喧噪が少し収まったぐらいで話をしたいんだけど、上手いタイミングあるかなあ。。



ちなみに彼女の父親は

それほど毎日車に乗るという感じではなかった上、住宅地内の自宅前でアクセルを踏み間違えて向かいの家の門柱に激突してしまった(父親が軽傷、門柱破損、車廃車の他は被害なし)という事故があって本人も感じることがあったのか免許を返納しました。それ以来不便と言えば確かに不便な暮らしをしていますが、それでも何も出来ないというわけでは無いし必要があれば電車やバスで移動しているし(なによりもともと歩くのが好きな人だったし)、元気に暮らしています。

75歳以上のドライバーに対しては、免許更新時や事故を起こしたときなどに「認知機能検査」が課せられます。70歳を超えるとゴールドでも免許更新が3年に1回になるので、必然的に「認知機能検査」も3年に1回は受けることになりますね。返納するとすればそれぐらいのタイミングかなあ……免許の更新タイミングにもよるけど78歳とか。うーん。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories