Swiftでメールを送信したときの返り値がなんなのかよくわからなかったので、ソースを追ってみたメモ。

返り値の実体は「Swift/Transport/AbstractSmtpTransport.php」の175行目ぐらいにあります。




つまり、

  • Toだけなら1が、CcまたはBccが追加されていれば2が、両方追加されていたら3が返ります。
  • メール送信の過程で失敗した場合は0が返ります。

ということ。


まとめ

様々なサンプルを見る限り、返り値が真ならメール送信成功としていて実際それでいいと思うんですが、返り値は実は1か2か3かのどれかを取ってますよという話でした。まあ、区別するほどの返り値じゃなかったですね。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories