京都マラソン2019


マラソンでは体重が重要だという話は以前書きました。
体重1kg減ると僕の場合フルマラソンで4分短縮ぐらい期待できそうです。

体重1kg減るとフルマラソンで3分の効果がある? | mutter

でもこれがねえ、なかなか減らないんですよね。特に今年はいつもよりも減る割合が小さくて、これはこのまま重めの体重で行くことになるのかなと覚悟していたんですけど、このところちょっと動きが出ています。


過去3年間の京都マラソン当日の体重





2016年はなんと76.0kg。減量してないときでさえそんな数字最近見たこと無いですが、初マラソンはそんなんだったんですね。そりゃ大変だ。5時間近く掛かるのも納得。

2017年はその反省から少し絞って69.4kg。ただ きちんと走り始めたのは1/17からだった とのことでその時の体重が73.7kg、走っているうちに減っていってこの数字に。そう考えるともともとそんなに肉が付いていなかったんでしょうね。体脂肪率も低いし。

2018年は2017年からさらに絞り込むことを目指したものの、思うように減らなくて500g減。年明け1/9が一番重くて72.2kg、そこから絞って当日は68.9kg。

年取ってきて太るということはないにしてもだんだん自分が思ってたとおりには体重減らなくなってきているんですよね。前だったら、これぐらいの感じで月に3kg落ちてたというところで1kgしか落ちないとかね。



そして今年2019年

今年も割と早い時期から体重を意識して運動・節制していたんですが、去年以上に落ちない。主に水分と便秘のせいなんですけど、普通に2kgぐらい増減があり同じ水準でずっと変わらない。歳を取ったというのもあるんでしょうけど、それ以上に体がランニングの負荷に慣れたんでしょうね。昔だったら月200kmも走ったらしんどすぎて痩せてたのが、今だと脂肪を燃焼させる必要も無いくらいで走れる的な。割と追い込んでたと思うんだけどなあ……

それはレース1ヶ月前になって酒を断ってからもあまり変わらず、酒を飲まなくても、睡眠時間を長めに取っても、食事を控えめにしても全く変動しなかったんですが、インフルエンザの影響で少し消化に良い食べものを摂るようにしたり、やたらと長く眠るようにしていたら、いつの間にか去年の京都マラソン当日よりも軽くなってました。あれ。もちろん病後なので「やつれた」という感じがあるのも否めませんが、体力が戻るにつれて体重もという感じではない(むしろ一層減ってる)ので、違いそう。風邪対策で水分しっかり摂っててこれなので、水分を絞ってってわけでもない。なんだろう。

1つ違うことは「今年のエネルギー補充」でも書いたけれど、毎朝脂肪燃焼効率を上げるためのタブレットを飲んでいること。体脂肪率も下がっているし効果があったのかも知れません、でもこれって運動時に脂肪を優先的にカロリー源にするためのサプリメントだったはずで、トレーニングしてこそ真価が発揮されるはず。でもここ6日ほどトレーニングできていないんですよね。それに体脂肪率も過去2年に比べると1%近く高いし。


201902_05_01.jpg


減った原因はよく解らないけれど、いずれにしてもまだ減り続けそうだし(便秘にならない限り)、今日ぐらいからトレーニングを再開することで一層安定しそうな感じ。年始には体重70kg台で走ることも覚悟していたのでこの減量で一安心できましたが、ここまで減ると、インフルエンザで消耗した体力がどこまで戻るかというのは結構不安。大丈夫かなあ。今週末に15km走(ペース走)を予定しているけれど、その時にどれくらい走れるかですね。



コンディショニングってほんと難しい。

少しでも要素を少なくするためにお酒抜いてるのに、全然簡単になる気配がない。もっと色んなこと気を配らないとダメなのかなー。でもあんまり神経質になっても良くないしなあ。「自分は神経質にならないようにきっちり管理する」って1人でやってたら無理なのかもね。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories