お仕事近況【2020年5月】

本業であるカフェ営業およびケータリングは休業、飲食店も休業、エンジニア業務は在宅勤務ということで、「お仕事近況」といってもあんまり書くことがないんですが、この1ヶ月間にどんなことがあったかもしくはなかったかだけでも。



カフェ営業に対するジレンマ

3月まではシェアキッチンを利用してのカフェ営業を月2回程度していました。またそれ以外に機会があれば手作り市などへの模擬店出店、イベントなどでのフード販売などもしていましたが、現時点であらゆるイベントは中止または延期のため模擬店出店の機会はなく、シェアキッチンも昨今の外出自粛と営業することによるリスクを考えて休業しています。来店数が少ないなら少ないでいろいろとチャレンジ出来るのでそれだけが休業の理由ではないのですが、お客様と店のリスクを考えるとなかなか。もし僕たちがカフェの営業だけで生活していたのなら、何らかの方法で売上を得るように考えて動いていただろうと思うのですが、高いモチベーションとそれでもリスクを回避しなくてはならない現状との間でジレンマを感じています。

ただ個人的には各国の流行状況を見て、流行が盛り上がってからピークに達するまでが3週間から1ヶ月、そこから収束まで2週間から3週間と考えていて、今のところその通りに推移しているので、こんなもんかもなとも思っています。5月下旬には再開に向けて準備を始められるんじゃないかなと思っているんですが。このまま何も起きないことを祈るばかりです。

気になっていることと言えば、感染者の報告がほとんどなくなって外出自粛が解除され、カフェ営業を再開できたとして、営業時に何らかの対策を取った方がいいのだろうかという点。もともと「密」な店ではありませんが、解除後もソーシャルディスタンスやアルコール消毒に気を遣った方がいいのかどうか。僕らとお客様含めた全員のメンタル的なバランス次第だとは思うのですが……難しい。というか、悩ましい。



飲食店はとりあえず5月いっぱい休業

経営母体の方からのお達し内容は、


  1. 緊急事態宣言延長決定により、5月末まで全店休業
  2. 解除宣言が行われた場合は、運営会社と話し合って再開時期を決める

ということなので、もし途中で解除された場合には翌週明けぐらいから店舗の営業は再開されます(予定)。でもなあ、店舗の営業が再開されることと、僕が仕事できることとは別なんですよね。そもそも休業前の時点で「売上悪いからシフトカット」といわれて休まされてるわけで、再開後も売上が戻ってくるまではアルバイトのシフトが極端に絞られる可能性は高い。勘弁してーと思うけれど、そういう会社なので仕方ないね。

正直に言って、京都のマイクロブルワリー、京都醸造や京都ビアラボがすごい頑張って営業しているのをInstagramで眺めながら、無言を貫く自分の店が歯がゆくて腹立たしくてほんとに気が狂いそうでしたけど、口では最高のクラフトビールをとか言っても結局その辺が限界なんだよねと自嘲する、そんな休業期間でした。あの店は、所詮その程度ですわ。ま、僕の業務はビールの製造でも販売でもなく調理なんで、営業が再開し仕事をもらえるならば、そのことだけにフォーカスして全力で頑張るだけなんですけどね。



在宅勤務にはだいぶ慣れて来ました

外出自粛とは無関係に始めたことなので、緊急事態宣言が解除されても僕の在宅勤務は続きます。僕の場合は在宅勤務で増えたストレスというのはなく、一部のコミュニケーションで感じていたストレスがオンラインでもそのまま残った他は、基本的にストレスフリーなのでほんとやりやすい。もっと早くこの体制に移行すれば良かったです。

慣れて来たのは仕事に関することだけじゃなく、在宅勤務しながら日常を過ごすということ自体にもあります。簡単な買い出しを昼休憩の時にするとか、平日は晩ごはんの用意をするとか、荷物を受け取るとか、出来るだけ散歩して体を動かすとか、水分をなるべくたくさん摂るようにするとか。

現在の悩みは、多分体を動かす機会がそれでも足りてないせいだと思うんですけど、ランニングのコンディションが全く上がらないこと。寝不足のせいかなと思って、定期的にしっかり寝るようにしてはいるんですけど、それでもなかなかカバー出来ない。自分では我慢の時期だなと思って諦めてゆっくりペースにしてるけど、やっぱりもっと軽快に走りたいし無理に走って怪我をしてしまわないか心配で。仕事の合間にもっとストレッチする方がいいのかな。うーん。その当たりはまだ手探り中です。



6月からはまた徐々に仕事の仕方が変わるでしょう

在宅勤務になったことで、これまで入れられなかった短い時間の仕事なんかもつっこめるようになり、飲食店の変則シフトにも対応しやすくなりました。まだまだどうなるかわからない部分も大きいですが、働ける機会を積極的に拾っていく働き方になっていくでしょうね。仕事をツッコみすぎて体を壊さないようにだけは気をつけつつ、しばらく停滞してしまっていた貯金を再開したいところです。


で、貯金と言えば、投資信託はいつになったら再開出来るんかなあ。このところ安定してきてはいるけれど、アメリカが復調しないことにはいつ急落するかわからなくて、素人には怖すぎるのよね……