【ランニング】 走っている間に背中が痛くなる

公園でジョギングする女性20のサムネイル画像



最近スピードを上げて走ったときに終盤背中が痛くなることがあって、フォームが悪いのかなあと漠然と思っていたのですが、やはり余計な力が入って背中が反ってしまっているのと、筋力不足が原因のようです。


ランニングで背中や腰が痛くなる原因と対策 – 役立つアイデア

本格的なトレーニングをしたり、タイムを更新しようとして本気でランニングをする人は力んで背中が反ることがあります。タイムを更新するときに全力で走るのは普通ですが、力んだ走り方をする人は背中や腰が痛くなります。


ランニングで背中や腰が痛くなる原因と対策 – 役立つアイデア

早く走るには体がそのスピードに慣れる必要がありますが、体がスピードに慣れていないと背中や腰、足の付け根などに無理がかかって痛くなります。一定のスピードを維持するだけの筋肉がないと、背中や腰が痛くなります。



確かに。

背中を痛める時というのはだいたいスピードを上げているときで、自分としては丹田当たりを前に押し出してバランスを前目にしつつ、肩甲骨を動かして呼吸も確保しつつでいるんだけど、でも多分実際には背中反って力入ってスピードだそうとしてるってことなんでしょう。だいたい10分ぐらいまでであれば問題なく行けるけど、それ以上になってくるとやはり体に痛みが出てくるというね。


そうかー。なかなか難しいなあ。最近、ペースを少し上げようと思ってフォームを前傾にしているんだけどそれが良くなかったのか。もちろんある程度は筋トレでカバー出来るようになるんだろうけど……何ごとも、力入りすぎはダメってことですね。上手いことバランス取って走りたいんですけどね……難しい。ぎっくり背中にならないようにしないと。


引き続き、楽でありかつスピードの出るフォームを目指したい。

なかなか道のりは長いなあ。