京都・出町柳にある「かぜのね」さんというカフェで、ランチ営業を月1(だいたい第3日曜日)でやってます(宣伝)。


【本日】つきももきっちん@出町柳かぜのね ランチ営業します!!【つきももキッチン】 | mutter


そのときに店のBGMを流してるんですけど、音源が僕のiPhoneに入ってるんですよね。なので、営業中は店の音響機材と僕のiPhoneを繋いでいます。でも営業中もちょっとしたことでスマホが必要になることはあります。友達から予約のLINEが入るとか、今日の看板やメインの料理について写真撮りたいとか、インスタに流したいとか、在庫の状況についてお知らせしたいとか。でも音楽機材がキッチンから離れたホールの一角にあるので、音楽を止めずに手元に持ってくるのは難しく、何とかしたい。


方法として、音源をiPhoneではなくなんらかの音楽プレイヤー(iPodとか)に変えることも考えたんですが、以前持っていて超お気に入りだった真っ赤なiPod nanoが引っ越しと前後してどっか行っちゃってから早2年、買うとなったら一番安いのを選択してもまあまあのお値段します。ただの「MP3プレイヤー」なら安価な選択肢もたくさんあるんですけど、ハードの方はともかく楽曲管理のソフトウェアの方がダメなこと多くないですか。iTunesからコピーしちゃえばいいのかも知れないけど、ちょっと不安がある。というかそもそもハードをそんなに増やしたくない。



トランセンドのmp3プレイヤーとか評判良いですけどね


というわけで選んだのは、「Bluetoothレシーバーで音響機材とiPhoneを繋ぐ」でした。これなら必要な設定は何も無く、ただ繋げば良いだけです。不安は仕事中、壁を挟んだ向こう側の音響機材のところまできちんと音が飛んでくれるのか?ということでしたが、やってみると全く問題ありません。音響機材の側にこんなものがあるだけなので、店で食事をしているお客さんは誰も気付いていなかったんじゃないかな。




充電時間1.5時間で13時間連続動作可能。営業時間は余裕でカバーできます。
音質もまあ、問題なし。もともとiPhoneですからそうすごい高音質で鳴るわけでもないし。
設定も何も無くオンオフを切り替えるスイッチが付いてるだけのシンプルな装置だから、故障もしなさそうだし。


で、なにより1,580円という値段がいいんですよね。むかーしジョギング用にBluetoothレシーバー買ってたときは、5,000円くらいしてたのでだいぶお得感。検索すると類似品がいっぱい出てきますが、まあ多分どれ買ってもそこそこ動くんじゃないでしょうか。いくつか持ってるTaoTronicsのやつも評判良さそうですし。






便利な世の中になったもんですねえ。。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories