全てのHTTPサイトに「保護されていません」の警告、「Chrome 68」リリース - ITmedia エンタープライズ

米Googleは2018年7月24日、通信の内容が暗号化されないHTTPサイトについて、同日リリースしたWebブラウザ安定版の「Chrome 68」からは、全てに「Not secure(保護されていません)」の警告を表示すると発表した。  これは、WebのHTTPS暗号化を推進するGoogleが以前から予告していた措置。バージョン67までのChromeでは、HTTPサイトはアドレスバーのURLの左側に「i」のアイコンが表示され、クリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」という警告が表示されていた。  これに対してChrome 68からは「i」のアイコンに加えて、「Not secure(保護されていません)」の文字が表示される。



マジかー。

ずっと対応しないとなあと思いながらもつい面倒で放置していた、自サイトのSSL問題。確認ウィンドウが出るとか、ページ遷移前に警告画面が表示されるとか、もっと派手にやるのかなと思ったけど、以外と大人しいのね。

ユーザー登録もコメント欄すらないので特に困らないと言えば困らない(フォーム送信するのはブログの管理ツールくらい)けど、まあでもそのうちもっと警告が大きくなるかも知れないし、ここらで対応しておく方がいいかな。。

幸い、今は無料で十分な機能を持つSSL証明書発行サービスがあるらしいので、次の休みにやろうかなと思います。こういうとこがレンタルサーバだと楽なんだけどなー。まあでもその自由が好きでVPSにしてるわけだから。自分で設定しないと。この面倒さ加減も趣味としては楽しみの一部ではあるね。


参考にする予定のサイト

Let's Encrypt 総合ポータル
さくらVPSにSSL証明書を導入しHTTPS通信の構築
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories