大迫半端ない #日本勝利おめでとう

千田純生さん(@chida_junsei)がシェアした投稿 -



期待はありました。ありましたが、期待を持つことと、そうだと予想することとは全然別の話であって、少なくともコロンビアに勝つなんてことは予想出来ませんでした。仕事中にもたらされた「香川が1点入れたらしい」「PKらしい」「コロンビアは10人になったらしい」という情報。仕事を切り上げて駆けつけたウェラーズでスコアが1対1になっていて、入れられた1点が川島御大のやらかしだと聞かされて一層頭の中がはてなだらけになりつつ、後半の試合を追う。人数で上回っているものの、香川・乾の動きはパラグアイ戦ほどではない感じ、大迫は相変わらず体張っていてすごい、辺りが最初の印象。ついで、長友が左サイドで効いてるのと、右サイドの酒井宏樹が攻撃面でもかなり目立った動きをしていていやほんとに上手くなったなあというのと、センターサークル付近余裕あるせいか柴崎がかなりのびのびプレーできてるのと。麻也さん昌子も安定してるし、原口はとにかく走りまくってるし、ベストかと言われるとわかんないけどかなり好感持てる試合運びしてて、つい、「ああ、この3年間はなんだったんだ。。」と思ってしまって口に出さないようにこらえる。ごめん、ハリル。戦術の善し悪しというか、何か合わないところが合ったんだろうなあ。「あの日本人が本番2ヶ月前に解雇に踏み切ったのだから、よほどのことがあったに違いない」ってオシムも言ってたし。


まだ仕事からスイッチ切り替わらずガヤ実況だってのに気の利いたこと一つ言えずに眺めることしばらく、厳しそうな香川と交代で入った本田が良い意味でも悪い意味でも流れを変えていく中で、その瞬間は訪れる!元々それほど高さのナイコロビアDF陣だったけど、それを体を張って抑えて大迫のところを空けたところへドンピシャのCK。最高のシュートがゴールに吸い込まれて……いやあマジか。試合中頑張りすぎると集中力が切れてFWは点取れないとか言ってたのは誰だったっけ、チェイスもポストプレーもあれだけ全力でプレーしてた大迫が決勝点。マジ半端ねえ。その後、当然のように迎えるピンチに対して体を張ったのも大迫であり、原口であり、数的有利という状況はあったにせよ、勝軍というのはこういうものなのかもしれないなと改めて思いました。ああ、すっきりした。


勝ってもスッキリしないゲームもあるけど、この試合はスッキリした。動きが万全じゃなかった選手(香川、乾、岡崎あたり。あと川島)は次戦以降調整があるかも知れないけど、つっても香川の代わりはいないけど、次のゲームにも良い形では入れるんじゃないかなあ。次の試合はまた11人対11人に戻るわけだし、セネガル強かったみたいだし、ほんと引き分けなら御の字くらいだけど、それでも次戦も期待したい。期待できそう!西野さんに監督代わって以降、1日1日で大きく変わってきたチームだし、きっと次はもっと良くなってるはず。日本時間で6/24(日)24時キックオフ。どうなるかなあ。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories