おかげさまで元気でやっております。

実家の母慌てて幼なじみの医師に相談した結果をラインしてきたり、大量の自家製黒にんにくを送ってきてくれたりしていて(ありがとう)、本人より周りの方が慌てている印象ですが、本人にとっては出来ることは出来る、出来ないことは出来ないので、あんまり慌ててません。働く時間が短くなって収入が減っているのは痛手ですが、一定の期間で確実に治るといわれていますしいつまでもこれが続くわけではないので、今は我慢かなあと思っています。焦っても仕方がないので。


で、4週間経ってどんな感じですか、ということですが、今現在ロキソニン(のジェネリック医薬品)を処方されてはいるものの、症状に合わせてコントロールしてくださいといわれていて、実際には飲んでいません。発症後1週間は薬が切れると痛みが出ていたので、少しは回復してきているのかなという感じです。

ただ時折、上手く表現できないのですが、「ぼんやりとした違和感」を感じることがあります。異物感というかなんというか。そう感じるときは大体、仕事のことで考えて眉間にしわを寄せているときか、いくつかやることをまとめてこなしてバタバタしているときなので、一旦していることから手を離して気持ちを切り替えることで少し良くなります。個人的には、やっていることに集中しきれずに消化不良な感じもあるのですが、さっきも書いたけど出来ないことは出来ないので仕方がない。それで焦ると余計に悪化するし。


幸い、昼の仕事はそのペースで上手くこなせる業務分担・タスク構成になっている(1人で抱えることはない、途中で区切りを付けて他のタスクに手を付けることも可能、タスクを順調に処理出来れば見た目の必死さの有無は問われない)ので、今のところ問題はないのですが、来週から復帰予定の居酒屋は不安だなー。シフトを見る限り、今のところ比較的負担の小さいポジションに割り振ってもらっているみたいですけど、どうしてもやらなくちゃいけない瞬間てのは来るし、「技術と経験が足りない分、手数でカバー」を信条としてここまでやってきて、自分の居場所を作ってきた経緯があるので、それが今後も維持できるかはわからない。その日乗り越えられるか以外に、そういうことも不安。ただでさえ、40歳過ぎてて使いづらい人材ではあるからなー。

でもまあ、その時には身の振り方を考えれば済む話なのでいいんですけどね。居酒屋の時給は5年勤めて責任あるポジションもやってる割にはすごく安い(入ったばかりでバイト初経験の大学生と時給100円くらいしか違わない)んで、その分転職もしやすいし。居酒屋にこだわりがあるわけでもないし。そのときはあっさり辞めて、他の仕事をしてるんでしょうね。縁さえあればいつでもいいくらい。


曲がりなりにも一応立てていた予定が、今回のことでまた狂った感じはあるけれど、行けるところまで行くぜ的なノリでやってきたこの5年間だったので、そういうこともあるかなあという感じではある。予定の組み直しまで含めて予定、みたいな。自分の店が持てるようになるまでどれくらい掛かるかなあ。早く体治して稼がな。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories