vagrant.png


ローカル環境の起動は毎日のルーチンで、日によってやり方が変わるとか、今日は起動しないでおこうとか言うこともないので、出来れば自動的に起動しておいて欲しい。もしかしたらVagrantにそういう設定があるのかも知れないけどわからなかったので、次の記事を参考にログイン時に起動するようにしてみました。

Macでログイン時にスクリプトを実行する(Automator不使用) - Qiita

まず、スクリプトを用意する。
内容はこんなんでOK。

#!/bin/bash

cd /Users/ippeisuzuki/project/website/vagrant
vagrant up

で、これを例えば「start.command」という名前で保存しておく。実行権限を付与。

$ chmod +x start.command

「システム環境設定」を開き、「ユーザとグループ」内「ログイン項目」にstart.commandを追加。これでログイン時に実行されるようになります(ターミナルが立ち上がる)。


このままだとVagrantが立ち上がったあとにターミナルが残ってしまうので、スクリプト実行時にターミナルを閉じるように設定しておきます。これはターミナルの環境設定から設定可能。

Mac(Sierra)でスクリプト実行時にexitでTerminalを閉じるように設定する

ターミナルの環境設定を開き、「プロファイル」「シェル」の「シェルの終了時」の設定を「ウィンドウを閉じる」に変更。これで、さっきのスクリプトが終了したらターミナルを閉じてくれます。


非エンジニアの人たちにとってMacが使いやすいかどうかは、正直慣れの部分が大きいと思うけど、エンジニア的にはMacが基本Linuxなとこすごいやりやすい。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories