雨の日の自転車通勤の悩みは、レインコート以外の露出部分が濡れる……です。カッパを着ること自体はもう慣れているので別に良いんですけど、それ以外の部分、靴とか手袋とかが濡れるのが結構しんどい。特にのっている時間が長くなる場合には顕著で、冬で無くても手の感覚が無くなってきます。つらい。

ずっと「濡れても耐えてあとで着替える」という対応で過ごしてきたですけど、着替え持ち歩かなくちゃいけないのがしんどいし、急な雨に対応出来ない。長いこと悩んでたんですが、ふと思いついて撥水スプレーを使ってみました。よく考えたら、ウィンタースポーツする人とかバイク乗る人とか使ってますよね。サイクリストだって使って良いはず。


というわけで、やってみました。

結果。

靴の方は狙い通りでした。ベランダで念入りにスプレーしたあと、十分に乾いてから、実際に雨の日に着用してみましたが、それまで染みこんでいたような雨量の雨でもまったく浸みてきませんでした。レインコートと靴の間に露出してしまっていた靴下が濡れてしまった(短い靴下をはくべきだった)けれど、それを除けば濡れは感じず。普通のスニーカー、自転車用シューズ、ランニングシューズでそれぞれ試して見ましたが、どれも期待通りの防水性能を発揮してくれました。


一方で手袋の方は、始めは弾いていたんですけど、やはりどうしても通気性を重視して作られている関係上、撥水スプレーも乗りづらいらしくて、目的地に着く頃には「指先の感覚が無くなるまで冷える」までは行かないけれどずっしりと重くなってしまっていました。これは失敗かなあ。

手袋の方は防水性能の高い「レイングローブ」というのがあるようなので、素直にそれを買うべきかも知れませんね。




ちなみに靴の方はレインブーツを履く以外に、サイクリスト用のレインカバーというのも売ってます。自転車用シューズやスニーカーを履いたままで防水出来るので便利そうなんですが、いまいちデザインがアレか、もしくはお高いかでなかなか。手袋の方は、検索するといろいろ出てくるものの、まだ良い候補が見つかっていません。ブランドにはこだわらないけど、いかにも中華コピーみたいのはなあ……そう思うとなかなか買えず。しばらくは撥水スプレーでの対応かなあ。


お手軽な対応をしたい場合にはオススメです。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories