2年くらい前からその兆候はあって、重いファイルをダウンロードするとかなんらかのタイミングで時々通信が切れることがあって、でもまあネットが閲覧できないわけではないし、表示に時間が掛かるわけでもないから、高い買いものではないけど必要ではないよねということで先送りになっていたのです。

で、先日より、iPhoneでこのWi-Fi接続が安全じゃない(WPAだと出るらしい)と警告が出るようになってさすがに鬱陶しいので、最近重い腰を上げて暗号方式をWPA2に変えたところ、どうも以前よりパケ詰まりのような症状が起きやすくなったような。一応対策はして、普段は大丈夫になったのだけど、なんかの拍子でどこかの端末が重いファイルをダウンロードし始めたりすると、家全体の接続が不安定になって、例えばAmazonを開くのにも何分もかかるというようなことになってきました。今さらWPAに戻すのも違うし、どうしたもんかなあ、変えるかなあと考えつつ、今の親機がどんなのだったか調べてみたら、ちょっともうアレで愕然としました。


これ↓



通信速度は驚きの「最大54Mbps」(理論値)ですよ。我が家には光回線が通っていて最大1Gbpsまで出るわけですが、親機がどんなに頑張ってもその5%までしか利用できません。うひい。それもそのはず、購入したの2008年3月10日です。10年前。製品自体は11年前の製品です。そりゃそんなことになるか……無線LANの規格だって、g/bの時代から、n→acと進化していますし、最大480Mbps(親機はもっと出るし子機も866Mbpsくらいまでいけるけど、USB2.0の制限があるのでこれくらいが最大)は現在の10倍。最大で4台同時に接続することがあることを考えると、まあそろそろ替え時かなあ。


購入候補はこれかな?



別にBuffaloに強い思い入れがあるわけではなく、過去に痛い目に遭ったことがないわけでもないけれど、これまでの経験上、Buffalo製品を買っておけば概ね安心できるので、今回もそれでいいかなと。


最近買いものが立て込んでて今月中はちょっと無理そうだけど、余裕出来次第、買います。今さらそんなに劇的に変わるって事は無いとは思うけれど、それでもボトルネックには確実になってると思うし、それよりなにより親機が死んじゃったら大変なので割と急ぎ。10年頑張ってくれたし、そろそろ良いんじゃないかな。

……こういうこと検討してると、検討してまだ買う前って時にお亡くなりになったりするんだよなあ……あと2週間くらいはもって欲しいな。。