結局、ニップルは舐めた上に固着していたため、ニップル切断→ニップル外し→スポーク切断→スポーク交換→ニップル交換、という手順を踏むことに。スポーク交換は割とすんなり出来たけど、ニップル切断とスポーク交換後の振れ取りにすごい苦労した…… #自転車メンテナンス #クロスバイク


フレームの振れを直しているときに、あるニップルが固着してしまっていたことがあって。無理して回そうと思ったら舐めてしまって、回せなくなってしまいました。


IMG_3140.JPG


その時は、前後のニップルを逆に回すことで何とか振れの調整は出来たんですけど、でも舐めたニップルをそのまま置いておくのはさすがに気になりすぎるってことで交換することにしました。

当初の予定では、リムの方からドライバーで回して外してニップルだけ交換する予定だったのですけど、参った。完全に固着していて、ドライバーでも回せません。ねじ頭が舐める舐める。これはもうね、ネジを潰して無理やり回すか……スポークを切るしかない。スポークを切るのはさすがに避けたかったのですが……


IMG_3144.JPG


頼みの綱であり最後の望みである「ネジザウルスRX」でも外せなかったんですから、仕方が無いですよね。そのまま「ネジザウルスRX」でバチンと行きました。買ってて良かった、スポーク。



ニップルはスポークとセットで買うのがお得です。

ニップルだけの販売もあることはあるんですけど、元々ニップルってのはスポークを買ったときに付属品として突いてくるものであるので、ニップル単体で買ってもスポークを買っても値段はあんまり変わらないんです。

というわけで事前に測定して、これを買っておきました。




当初の予定にはありませんでしたが、結果的にスポークを交換することになってしまったので、これを買って正解でした。



交換したニップルは周りと違って黒色なので若干浮くかなと思ったのですが、実際にはあまり目立ちませんでした。


IMG_3147.JPG


よかった。

本当は、全部のニップルを同職に揃えれば格好いいんでしょうけど……そうなると完全にリムテープを外さなくてはならないし(今回は一瞬外して誤魔化した)、それも割と邪魔くさいし。まあ、なんか問題が起きたらその都度交換の感じで。



今回の教訓

きちんと準備した上で、諦めなければ、大体のことはなんとかなる。