ハートの雲と草原


ある日のこと。


一緒に働いている、普段は大人しくて地味目なおばさん(60代)がすごく張り切って働いていて、んまあ張り切ってって言うとポジティブなんだけど正直に言えば思いっきり空回っていて、あんまり強く言って逆にテンション落としちゃっても面倒なので、なだめつつコントロールしつつ働いてました。まあ、おばさんも人間なんだから調子の良いとき・悪いとき、落ち着いてるとき・余裕のないとき、いろいろあるよね。

そんなことを思いながら、まかないを作りつつ他のおばさんに「今日あの人なんだかすごい張り切ってますね」っつって話振ってみたら、「そりゃそうだよー」というリアクション。はっきりとは聞かなかったけれど、どうやらまあ、一緒に入っている男性(妻子孫あり)のことが「お気に入り」で、それでいいところを見せようと頑張っているってことらしい。あらま。失礼な話だけれども、年を重ねたらそういうのってないのかと思ってました。よくよく考えたらば、老人ホームでの色恋沙汰みたいな話を聞くこともあるし、今ここで何らかの人間関係があっても不思議ではないか。そうですか。


幸いというか残念ながらというか、相手の男性はそういうことを考えてもいないっぽいので、これが何らかの社内トラブルとか揉め事とか下世話な話とかになることないとは思うけれど、その話をした友達のひとこと「女の性欲は灰までって言いますからね」。いいぐさwww聞いたことないけどそういう慣用句あんのwww

女性の性欲 灰になるまで : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)


ま、人生に張りがあるってのは素晴らしいよね。楽しく生きなくちゃ。