24.jpg


先輩から、「1回食洗機を動かすと60円掛かる」「いや昔100円掛かるって聞いた」(だからなるべく詰め込んで回す回数を減らせ)というとても曖昧な話を聞いたので、実際にカタログを見て計算してみました。計算の根拠となるのはこちらのページ。

省エネ型業務用食器洗浄機JWEシリーズ 小形ドアタイプ 省エネ性能|ホシザキ電機株式会社


職場で使っているのは旧型機の「JWE-450RUA3」なのですが、最新型との比較で年間コストが「205,372円」となっています。試算は「100ラック/日にて試算」となっているので、これが年間36,500ラックでの試算だとすると1ラック当たりのコストはおよそ5.63円。仮に週に1日定休日があり、年末年始とお盆に休んで年間の営業日を300日だとしても、6.85円。先輩が言っていた数字とは大きく乖離した数字であり、もったいないからと詰め込んで結果重なって十分に洗えてない食器がでるよりかは、多少でも余裕持ってすべてにきちんと洗剤とお湯が当たるように配置した方が、効率的でありかつコストもかからないと言えそうです。

多分まあ、業界でよくある話だけれど、「もったいないをバイトにわからせる」ことを目的として、目的の方から作られちゃった数字なんでしょうね。こういうのをガチで暴くのもどうなのかなと思ったりもするのですけど、でも今どきの大学生ならこのくらいの試算はすぐに出来ちゃうわけですし、説教のために嘘ついてもすぐばれちゃうわけで、あんまり適当なこと言わずに、良い具合に言っておくのが良いんじゃないかなと思った次第です。洗うのに時間掛かるから、なるべく多く入れて回していく方が効率的だよとか何とか。


それにしてもあんなデカいの動かしてコスト1回当たり6円か。ほんと業務用は安いなー。
まあ、家庭用でも18円らしいんですけどね。

食器洗い機は本当に節約になるのか? | 暮らしの小箱