布団から出たくない猫


このところ、ずっと睡眠時間が短くて。

特別夜更かししてるつもりはないのだけど、帰宅してお風呂入って用意してもらってたサラダ食べながら少し息抜きするともう4時。慌てて皿洗って歯を磨いて布団に入って、翌朝8時過ぎに起床。朝ご飯食べて仕事へ……というのが毎日の大体のルーチンです。昼の仕事は曜日が決まっていて週4日、夜の仕事はシフト制で週5日程度なので、別に毎日そうだっていうわけではないのですけど、昼の仕事が休みでも遅くまで眠れるわけじゃないし(平日は8時過ぎに起こされるし、週末も遅くても10時くらいには起きてる)、夜の仕事が休みだからと言って早く眠るわけではないし(3時には寝るけど)、ダブルヘッダーだろうが休みだろうがあんまり変わらない。そしてもちろん眠い。


睡眠時間が短くなると作業効率が低下するという実験結果もあり、なるべく長く眠りたいんだけど……時間が取れなくて。

質のよい眠りは、質のよい仕事につながる - gooヘルスケア

アメリカの実験によると、6時間睡眠を2週間続けた場合、作業能率は一晩徹夜したのと同じくらい低下することが明らかになっています。

 また、1日の睡眠時間が5時間を切ると、脳・心臓疾患の発症を高める



もちろん眠いってばっかり言っても仕方ないので、最近ではこんなことを心がけてます。

  • 20分以上空いたら仮眠を取る
  • 週に2日は意識的に休肝日を作ってせめて睡眠の質は確保する
  • 夜休みだったら2時までに寝る
  • 半身浴でリラックス
  • 起きたらすぐにカーテンを開ける

根本的には「寝ろ」ってことなんだけどね。僕だけ1日30時間あるような生活がしたい。


ちなみにこの生活をしていて唯一ラッキーだと思うことは、以前は悪かった寝付きが劇的に改善したこと。仮眠に慣れたせいなのか、単純に眠いからなのか、布団に入って目をつぶったら長くても10分以内に寝付けるようになりました。それは休みの日でも、まだ早い時間帯でも、お酒を飲んでいなくても、直前までパソコン触っていてもそう。寝付きが悪いときは布団に入って眠るまでに30分以上掛かっていたし、途中で諦めて起きたりということもあったので、これは非常に助かってます。


でも思ったより働いてないんだよね

どっちの仕事も休み(つまり丸一日休み)って言う日は月に3日以下で、結構働いてる気がするけど、収入を時給で割ると案外働いてない。睡眠時間だけ見るとサラリーマンで言えば、軽く残業100時間コースなんですけど、僕の場合には収入が発生しない中途半端な空き時間(そして移動時間)があるだけで、たぶん、どちらの仕事も勤務日数として少ない(夜の仕事だって多くて1ヶ月24日くらいまでしかはいれてない)ために、休みがばらばらで時間の使い方が非効率的だってことなんでしょうね。睡眠時間を削っても金銭的リターンがあるわけではない。

「昼だけ仕事」とか「夜だけ仕事」だと、理論上は休めてるんだけど、どうしても体のスイッチをオフにしない感じがあります。フェーダーを下げきらない感じ。だから総勤務時間の割りに収入は低くて体力はキツい。精神的にも。単純に労働時間とか休みの取り方とか見ると「気楽で良いね」なんて思えるけど、いやいや、気楽な非正規はしんどいです。休みが決まってる方が絶対楽だと思うなあ。



参考

健康重視!短時間睡眠でも疲労をばっちり回復するための4ステップ | iGotit
質のよい眠りは、質のよい仕事につながる - gooヘルスケア


別にショートスリーパーになりたいわけではないんですけどね……