Google ドライブ


「Copy.com」がサービス終了だって | mutter


後継にするサービスを色々探していたのですけど、結局、Googleドライブを選ぶことになりそうです。必要な機能は以下の通りで、だいたいのサービスは満たしているとは思うのですが、コストと、「サービス運用を止めない」「安定している」と言うことも考慮すると結局そうなってしまうのかなと。

必要な機能

  • 20GB以上の容量
  • 他ユーザーと簡単に共有出来る
  • PC用アプリケーション
  • 高すぎないコスト

検討するに当たって参考にしたサイトはこちら。

【2015最新版】徹底比較!無料から使用できるクラウドストレージサービス30選 | Ptengine Blog


機能とコストから検討すると、「MEGA」とか「MediaFire」も候補に挙がってくるのですが、信頼性・安定性を考慮しつつ、Googleドライブの有料プランのコスト「月額$1.99=約235円 → 年2,820円」と比較すると、それくらいなら出しても良いかなあと思えます。業務で使うんだし。

Googleドライブで怖いのは、共有ポリシーを適当にしてしまって重要な情報がWeb上に漏洩してしまうことですが、そもそも漏洩して困るような情報はGoogleドライブに置かないのでまあいいかなと。



ていうか:無料でなんとかしようっていう時代じゃないと思うのですよね

会社としては「無料で何とかならない?」という感じだったんですけど、なんだろう、今は無料でなんとかしようっていう時代じゃないよなあというのをここ最近何年か感じています。それこそ10年前とか15年前とかだと、なんでも無料で揃えてやれたし(広告を我慢すればなど制限はあるけれど)、そうすることに一種のスマートさみたいなものがあったんですけど、今は、違うんじゃないかと。無料と有料のコスト差が縮まる一方で、機能差は開いているという印象。つまり無料からほんの少しお金を掛けるだけで、きちんとしたスペックのものを安心して使うことが出来る。その月何百円をケチるだけで、使いづらい環境に耐えなければならない。もちろん考え方としては、それを耐えれば月何百円かでも節約出来るという考え方もあるんですけど、能率や効率を上げればその何百円かは他で取り戻せると思うんですよ。


……という感じの論理で社長を説得しようと思います。