13_01.jpg


新年早々の引っ越しに向けて、何社か見積もりをいただき、最終的に「アリさんマークの引越社」さんにお世話になることになりました。料金は、2LDK2人住まい、荷造り・荷ほどきを僕らが行う節約コースで、2トントラック3往復(引っ越し先マンションの前の道が狭くて4トントラックが駐車出来ないらしい)して、4万5千円+税。

最初に出してくる定価に比べると1/2~1/3くらいになってて、引っ越し屋の「定価」って一体何の意味があるんや……ただまあ、引越社さんの営業の方はきちんと部屋の中のものをチェックし、引っ越し先の周りの道をGoogleマップで確認し、当日の車の手配もした上で、他社の値段に合わせてくれたので、まあ親切だったかなと。

昨日、段ボール他の梱包材も届いて、いよいよ引っ越し準備期間に入ります。家の中埃っぽくなるんだろうなーとりあえず捨てる家具とか早め早めで何とかしてこう。年末だからね。


ちなみに

引越社さんの他に訪問見積もりをお願いしたのは、引っ越しのサカイさんと、ハロー引越社さん。一番最初がサカイさんで、その見積もりが予定より安かったのでそれが出た時点で、アート、アーク、日通は見積もりキャンセル。見積額はサカイさんも4万5千円、ハローさんは6万ちょっとだったかな?

見積もりだけ考えればサカイさんでも良かったんですけど、サカイさんのアイデンティティでもある前のめり営業がちょっと合わなくて、うーん。見積額は5万5千円、即日契約してくれるなら1万引いて4万5千円という回答でかなり良心的だったのですけど、他の会社の見積もりも見ておきたかったし「他の会社の見積もり見てからまた連絡します」って言ってその日は帰ってもらいました。そしたら翌日、上司と名乗る方が電話をしてきて、「うちのものが何か失礼をしましたでしょうか?他社を利用することになりますが、2万5千円でやらせていただきたいのですが、いかがでしょうか……?」

いやいやいやいや。さすがにそれ安すぎでしょう。別にとにかく安くしろって言ってるわけじゃないんですよね。その値段でやってもらうってことは、ある程度壊れてもいい覚悟をする必要があるよね?この提案は断って、もしお願いするなら見積額でお願いしますと伝えて電話を切ったのですが、むしろこの提案で逆にサカイさんに対する信頼度がかなり下がり、それが決め手となって引越社さんを選択したみたいな感じになりました。コミュニケーション取れてないなあと客に思わせるような営業(たぶん接客も)は、ダメだよねと思ったのでした。前のめりな営業も善し悪しよね。



あ、それと

「アリさんマークの引越社」って名前じゃなかったのね。
よくよく考えてみれば当たり前なんだけど、CMのフレーズがすごい印象に残りやすいんで、「アリさん」が会社名だと思ってた……

会社は「株式会社引越社」「株式会社引越社関西」「株式会社引越社関東」に分かれてて、東京は「引越社関東」の東京本部、京都は「引越社関西」の京都本部、静岡など地方は「引越社」の静岡本部。ただし九州は「引越社関東」の九州本部。そんな組織構造になってたのか!ややこしい!色々事情はあるんでしょうけどね。運輸局の許可とか、拠点の管理とか。

会社としてはブラック企業大賞にノミネートされたり、プロ市民に煽られて暴言を吐いた役員の動画がネットで拡散されたり、いろいろとある会社ではありますが、現場ではきちんと働いてくれそうだし良いかなと。実際、どんな感じで働いてたかは、また引っ越し後に報告出来ると思います。