フランス・パリにおけるテロで命を落とされた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方の回復をお祈りします。


Facebookでプロフィールをトリコロールにするのが流行しています。Facebookの呼びかけに応じた人たちが変更しているのですが、僕はそれを見てどうにももやもやしてしまっています。プロフィールを変えている人たちは恐らく特に何も考えずに、「そこに泣いている人たちがいるから」という理由でそうしているのだと思うのですけど、フランス国旗を自らのプロフィールに被せる行為は、僕にとっては、フランスに対する一方的な同情に思えます。それはフランス国籍を持つ人には感謝されるかも知れませんが、現実はそんなにシンプルではないでしょう。僕は、この暴力的なテロ攻撃を強く批難し、被害に遭われた方達を悼む一方で、このテロの契機となった、フランスという国家が行ったことを支持することは出来ません。またフランスにそういう行動を取らせることになった、一連の暴力の連鎖も支持することは出来ません。テロリズムと武力攻撃、どちらが正しいか?と聞かれれば、どちらも間違っていると答えるはずです。少なくとも僕はそう答えます。とてつもない大きさの暴力によって混沌としているシリア、イラク、イラン地域において、暴力抜きの闘争終了など望むのが不可能であったとしても、それを前提とした解決方法は支持することが出来ません。僕にとって、プロフィールをトリコロールにすると言うことは、それらを部分的であっても支持するという意味を持ちます。僕にはそれは出来ない。Facebookはどんなつもりで今回の企画を行っているのでしょう。