普段Windowsでやっている作業ではさほど気にならないのですが、MacのFirefoxでテキストを選択してコピー → メモにペーストすると、書式ががっつり反映されてペーストされてしまいます。

20150911_01.jpg



20150911_02.jpg


今までは、書式が反映されないような場所(例えば検索欄)に1回ペーストしてから再度コピーして貼り付けていたのですけど、これが結構鬱陶しいのですよね……必要ないでしょこれ。メモ側の設定で何か出来るのかなと思ったのですけど出来なさそうなので、Firefox側で対応する手段を探してみました。


で、入れたアドオンがこれ。

【レビュー】書式などを除去して文字情報だけをコピーできるFirefox拡張「Copy Plain Text 2」 - 窓の杜

 通常「Firefox」などで“コピー”を行うと、選択された文字列の書式や、選択した範囲に含まれる画像までコピーされてしまう。Webブラウザーからワープロソフトなどに文字列を貼り付けた時、文字が太字になっていたり、側にあった画像が一緒に貼り付けられてしまったことがある方もいるだろう。

「Copy Plain Text 2」を使えば、選択範囲の中からテキストだけを装飾のないプレーンな情報として簡単にコピーすることができる。本拡張機能を有効にし、設定を行うと「Firefox」などのコンテキストメニューに[テキストのみをコピー]項目が加わる。この項目でコピーを行えば、クリップボードへ送られる際に、文字列以外の情報を取り除くことが可能。



これを使うと、

  • 右クリック → 「テキストのみコピー」

で、書式を削除してコピーすることが出来ます。


ちなみに

説明ではこれを既定の動作に設定すると、「Ctrl+C」でも書式を削除してコピー出来るとありますが、Macでは動きません(右クリック → 「コピー」は動きます)。ショートカットキーの設定も結構面倒なので、素直に右クリック → 「テキストのみコピー」でやるのが良さそうです。