仕事場にホットコーヒーを持っていくときには保温出来る魔法瓶的なものを、冷たい飲みものを持っていくときには真空断熱スポーツボトルを持って行っているのですけど、「家でビールを飲むときにもタンブラーあると全然温かくならなくていいよ」と聴いたので実際に買ってみたらこれがもうやばすぎたので、遅ればせながら紹介。


買ったのは、上で紹介している、サーモスのステンレス真空断熱タンブラー。二層構造で間が真空といういわゆる魔法瓶構造になっていて、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま保持出来るのが特徴です。買ってみるまでは「そんなこと言ったって」と思っていたのですけど、これがねー素晴らしすぎるんですよねー


わかりやすい例を言うと、

  • 朝10時にタンブラーに氷とお茶を入れて置いて外出して、昼14時に帰宅しても氷がきちんと残って冷たい
  • ビールを飲んでいて寝落ちしてしまっても冷たいまま
  • 夜2時に氷とお茶を入れて就寝、朝8時に起きてまだ氷が残っていて冷たい

などなど。その保冷性能については折り紙付き。
そしてその影響として、

  • タンブラーに注いだビールが美味すぎるので10分で2缶飲み干すとかざら
  • 氷とお茶を入れておくといつまでも冷たいので、泡盛で割りたい放題
  • とにかく冷たい飲みものが美味しい

といった効果があり、もうね、やばい。



注意点:ステンレスの味、匂いが苦手な方には向きません

いつも感じるというわけではないのですけど、歯を立てたり、表面を舐めたりするとどうしてもステンレス特有の味を感じることがあります。商品レビューでも言及されていましたが、これが苦手な人には向かない商品かも知れません。もしくは400ml商品向けには蓋も販売されているので、それを使うことで、保冷性能はそのままに口当たりを変えることが出来るかも知れません。






ちなみに厨房でも大活躍してます

夏の厨房はピークタイムには気温45℃になることもあり、水分補給は必須です。で、仕事場には上で載せたタンブラーのもうひとつ大きなサイズ、600ml入るタンブラー(ビール500ml缶がぴったり)を持って行っているのですけど、夕方氷を入れておけば、営業が落ち着く暗いまでは冷たさが保てるのです。よくぞこの気温の中、冷たさを保ってくれると頭が下がる思いです。これでようやくやれる。もうね、体力的にも精神的にも必須ですよこれ。

昔からTHERMOSさんは大好きなんですけど、改めて好きになりました。素敵すぎ!!!


ずっと冷たいビールが飲みたいと思っているビール党の方、グラスを冷やすよりまずこれを。
満足出来ること請け合いです。


おつかれビール #beer