さっき、たまたま耳にしたので。





「えー今さら槇原かよ」とか、外見が生理的にどうこうとかあるでしょうけれど、でもなんつうか大袈裟じゃなく極ナチュラルに「頑張っていこうよ」って歌ってるこの曲が僕は今でも結構好きです。別に意識したことはないけれど、サビで歌われていることが、結構自分が常日頃感じていることと似通っているような気がするし。


どんなときもどんなときも
僕が僕らしくあるために
「好きなものは好き!」と
言えるきもち抱きしめてたい
どんなときもどんなときも
迷い探し続ける日々が
答えになること僕は知ってるから


「時間がない」とか「早く成果を出さなきゃ」とか、この歳になると聞こえてくることもあるんだけど、人生は長いんだし、結果を出すことが目的だとは僕は思っていないし、迷い探し続ける日々を含めてそれ全体を楽しんだ奴がやっぱり一番幸せなんじゃないのと思っています。そして、たぶん、ずっと何も得られないなんてことはなくて、好きだという気持ちを忘れずに取り組んでいけば、きっといつか何かに繋がっていくと信じてるから。

基本的にあんまりポジティブな人間ではないんですけど、こういうことに関してはなぜだかあんまりネガティブじゃないです。繰り返すけど、何か目的を達成することが人生の目的なんじゃなくて、何か目的を達成するために迷ったり悩んだり失敗したり、たまに成功したりすることそのすべてが人生の目的なんだろうと僕は思っているので。だから、僕は、目的達成の日が見えてこない今も、楽しくて仕方がないです。

どんなときも。






ちなみに

もう長らくカラオケに行ってないし、そもそも歌自体歌ってないのだけれど、なんとなく「どんなときも。」を歌ってみたらば前よりもずっと普通に歌えるようになってた。仕事で声出す機会が多いからなー声が出るようになってるのかも。

久しぶりにカラオケ行きたいなー最近の歌はほとんど歌えないけど。