仕事をしていてもっと筋肉を付ける必要があると感じた、というようなことを以前書きました。

料理と握力の関係、または筋トレの意義 | mutter

料理をテーブルに運ぶのにも、大きなフライパンをふるうのにも、日常生活で必要な腕力・握力よりも大きな筋力が必要です。そういうのは基本的には修練の中で身につくものとされていて、経験を重ねる中で技術の習得と歩調を合わせて獲得していくものということになっていますが、まあでも僕にはそんな時間は無いので出来る努力はしていくという感じの話でした。

で、その時は「まずは握力から」という話だったのですけど、その後ハンドグリップはこなせるようになったもののやっぱりまだ力不足と言うことで、今度は腕力を鍛えることにしました。もちろん筋トレなんか門外漢も良いところで、自分がどの重さだったら持ち上げられるか?すらわからないので、

  1. まずネットで人気のある商品の重さと値段をメモ
  2. 近所のスポーツショップに行って試しに持ってみて自分の重さを決める
  3. スポーツショップの値段を見てどこで買うのか決める

という感じで買う場所を決めました。スポーツショップへはただ試すだけに行ったのでは無く、何か相談出来るかも知れないし、多少高いくらいだったらスポーツショップで買っても良いかなと思っていたのですけど、まあだいぶ値段が違ったので結局Amazonで買うことに。そして買ったのが一番上のダンベルです。これ1つで2kgから5kgまで重さを調整出来ます。

一番弱いところからはじめるわけだからすぐに持てる重さも変わるだろうと言うことで可変式を、またマンション住まいと言うこともありあんまり床に衝撃を与えたくないのでラバーのものを。使ってみたところ、少しゴムの臭いが気になりますが、手を洗えばすぐに落ちるレベルなので問題ないと判断しました。使っていくうちに気にならなくなると思いますし。留め具がスチールなのも安心出来ますし、道具として良い出来だと思います。ダンベルとしては随分安いしね。



現在の筋トレ状況(1ヶ月経過)

3kgからはじめて大体1ヶ月経った今は5kgを持ってます。まだまだ筋力付いた実感はありませんが、でも持てるダンベルの重さが変わってるところからすると少しは筋力付いて来たのかなあとも。時間も限られてますしなんでも出来るわけではありませんが、ここを参考にして「上腕二頭筋」と「背筋」を鍛えています。

筋トレなび ・ 腕のトレーニング |(株)ファイティングロード(ダンベル・バーベル・サンドバッグ等のトレーニング器具)
筋トレなび ・ 背中のトレーニング |(株)ファイティングロード(ダンベル・バーベル・サンドバッグ等のトレーニング器具)

背筋の方は腰痛の対策になるかなあと思って。背筋についてもはっきりとした効果はわかりませんが、やったあと明らかに背筋に疲れがあるので効いてるのかなーと思ってます。


あと、意外に知らなかったのは筋トレの頻度。てっきり毎日やれば良いもんだと思っていましたが、

筋トレ基礎知識|(株)ファイティングロード(ダンベル・バーベル・サンドバッグ等のトレーニング器具)

筋肉に十分な刺激を与えました。さて次は何をすればいいんでしょう?答えは食事と休息です。筋肉に刺激を与えても、回復させなければ成長はあり得ません。回復させるには、栄養を取り、筋肉を休ませる必要があります。鍛える部位にもよりますが、トレーニング後に筋肉が回復するには48時間以上の時間が必要になります。つまり、同じ部分をトレーニングするときは2日以上間を空ける必要があるんです。


なんと。10回繰り返して限界になるような強度のトレーニングを3セット行って、2日以上休める。どれくらい休むべきかは部位によっても変わるようですが、とりあえず今は週2日(基本的に火金)行うようにしています。時間が上手く取れれば週3日(例えば月水金)でも良いかな?栄養の方はなかなか高タンパクには出来ませんが、バランスは取れているので大丈夫なはず……大豆製品もたくさん食べてるし。


5kgが上げられるようになったら次はこれかなあ。





何か参考書とか買った方が良いのかな。これとか参考になりそう。





ちょっとずつ重くしながら、鍛える箇所も増やしていきたいな。