「Review」と書いたけど、僕にはまだこれが読めません。

アイルトン・セナが死んだ1994年5月1日からもう20年が経つのか……
まだ冒頭のレオナルドの寄稿文しか読んでないけど、
きっと多分僕の中ではまだ整理し切れてないんだろうな。
ヘリから撮影された、上からの映像がまだ目に焼き付いてます。


でも目次見ただけでもわかります。
これは、アイルトン・セナを知っている人にとっては大事な特集だろうと。
きっと僕は気に入るんだろうな……

もうちょっと時間が掛かるかも知れないけど、ゆっくり読みたいと思います。


みなさんも、ぜひ。