イカと菜の花のパスタ #dinner 作りました


菜の花が美味しい季節です。まだ安く手に入るので、たまたま安く買えた良いスルメイカと一緒にパスタにしてみました。味のポイントはイカ肝。


材料(2人分)

  • パスタ …… 200g
  • スルメイカ(小) …… 6杯
  • 菜の花 …… 250g
  • にんにく …… 2かけ
  • 唐辛子 …… 1本
  • オリーブオイル …… 大さじ2
  • 塩 …… 少々
  • 黒こしょう …… 少々


スルメイカって普通は身が25センチくらいの大きさのものが売られていると思うんですが、今回買ったのは10センチくらいの小さいスルメイカが詰め合わせ(17匹入って450円)。普通の大きさのスルメイカなら1杯で十分だと思います。菜の花とのバランスを考えつつ決めてみて下さい。ただし、菜の花は火を通すと大幅に小さくなるので注意。



作り方

  1. スルメイカはさばいておく(後述)。胴は1センチ幅で輪切り、ゲソ、エンペラは食べやすいサイズにカット。肝は後で使うので捨てない。にんにくはスライス。
  2. 菜の花を茹でる用、パスタを茹でる用のお湯をそれぞれ沸かし始める。菜の花用には色止めのための塩、パスタ用には下味用の塩を入れておく(分量外)
  3. 菜の花のお湯が沸いたら菜の花を茎の方から入れ、2分茹でる。2分経ったらよく水を切り4センチほどの大きさにカットしておく。
  4. フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、にんにくを入れて炒める。
  5. にんにくの香りが立ったら弱火にして唐辛子を入れる。
  6. イカを入れ塩をふる。よく混ぜながら中火で炒める。
  7. パスタを茹で始める。
  8. イカに一通り火が通ったら、パスタのゆで汁1カップとイカの肝小さじ2程度を加えてよく馴染ませる。
  9. ソースの味を見て、塩こしょうで味付け。
  10. パスタが茹で上がったらパスタと菜の花をフライパンに入れ、さっと混ぜたら出来上がり。


イカ肝が苦手な人は入れなくてもOK。そのまま塩で味を調えればイカの風味がするパスタになるし、しょう油やそばつゆを加えればちょっと和風なパスタになります。スープパスタにしたい場合には入れるゆで汁の量、肝の量を2~3倍にして調整を。


イカのさばき方手順

  1. 胴から肝とげそを取り除く。
  2. 胴とエンペラを切り離し、胴の皮を剥く。剥きにくいときはキッチンペーパーを使うと楽に剥ける。
  3. 肝とげそを切り離す。肝は味付けに使うので取っておく。
  4. ゲソから頭の部分を切り離し、くちばしを取る。吸盤を取り除いておく。
  5. 肝は中身だけを取り出す。痛みやすいのですぐに冷蔵庫へいれて1両日中に使う。冷凍すればしばらくは保つ。



感想

すごい美味しかったです。イカ肝ってすげえ。翌日の煮物(彼女の人担当)にも使われました。

正直17杯のちっこいスルメイカを捌くとかなんの拷問だよと思いましたが、1杯あたり2分くらいで処理出来たので修行の成果かな。残ったイカは捌いた後冷凍してあるので、また何かの折に登場するかと。イカは塩こしょうで炒めるだけで独特の風味が出るんで凄いですよねえ。


ちなみにスルメイカではなくホタルイカでやったらもっと春っぽさが出たんだと思いますが、正直、納得出来るホタルイカを使ったら予算オーバーなので我が家では無理でございます。