最近、技術的なメモみたいな記事が多くてさすがに飽きてきたしなんかないかなとメモを見返していたら、3/25の夢のメモが出てきた。

曰く、

今日の夢:急に結婚式をやることになり散々だったはなし(2014.03.25)

あー。どんな話だったっけなあ。確か、両親か親戚かに呼び出されて実家に帰ったら、自分の知らないところで決まった自分の結婚式に参加することになってて、案の定、必要じゃないときにしかそこにいない親戚連中が大挙して押し寄せてあーでもないこーでもないってやってて、僕としてはそのままぶっちぎって帰ろうと思っているのだけどしかし一応、両親の顔も立てないといけないし的な。

この辺の自分のことを人に勝手に決められることに対する苛立ちってのは、10代の頃から30代後半の今まで変わらないな。だからといってこんな夢見なくても良いとは思うんだけども。何かやましさみたいの感じてるのかしら。実は。