かつて、音楽試聴用ソフトウェアとして一世を風靡していたWinampが12/20を持って開発停止、サービス終了だそうで。


老舗メディアプレーヤーのWinamp、15年の歴史に幕 - ITmedia ニュース

15年の歴史のある音楽プレーヤーソフト「Winamp」が12月20日(現地時間)に終了する。Winampのダウンロードページに11月20日、告知が表示された。

 この告知は、最新バージョンであるVer.5.66の公開と同時に表示されるようになった。「Winamp.comと関連するWebサービスは2013年12月20日をもって利用できなくなります。Winamp Mediaプレーヤーもダウンロードできなくなります。それまでに最新版をダウンロードしてください。(中略)15年以上Winampのコミュニティーをサポートしてくださり、ありがとうございました」と書かれている。


90年代の思い出がまた1つ消える―Winamp、15年の歴史に幕 | TechCrunch Japan

90年代にパソコンを持っていてMP3で音楽を聴いていた読者ならWinampでプレイリストを作ったことがあるに違いない。NullsoftはWinampをAOL(TechCrunchの親会社)に8000万ドルで売却した。その後オンライン音楽はすっかり様変わりしたが、Winampがずっと健在であるというのはなんとなく安心感を与えてくれた。

しかしそれも終わる。Winampは閉鎖される。ウェブサイトを始め、すべてのWinampのサービスは12月20日に停止される。同時にデスクトップ・プレイヤーのダウンロードも終了する。



あー。

今はもうiTunesさえあれば良いので試聴用ソフトウェアが一つなくなっても別に困らないけれど、でもそうなる前までは、デスクトップPC上で試聴用ソフトウェアと言えばWinampであったわけで、少し懐かしい感じがします。90年代かー……もうホントにネット黎明期ですな。いまはもうそれから20年経ってるんだもんな。個人的にはとにかくシンプルな外見が欲しくて、世界のどこの誰かわかんない人が作った素敵なスキンを求めて検索してたなあ。すげーお気に入りのスキンがあったんだけど、今検索しても見つけられませんでした。さすがにもう開発してないか。


特に「惜しむ」気持ちというのはないですけれど、一時代を指し示す一つのパネルとして、それに付随してくる様々な情景と一緒に、「ああ、そういうのあったよね」と想い出に残しておきたいと思います。ありがとう、Winamp。